スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

熱血社長。


今日は同業の高田社長から誘われてランチをして来た。
高田社長とゆっくり話をさせて頂くのは3ヶ月ぶりだろうか。
高田社長は会社設立5年で急激に成長し存在感を上げてきている会社の社長。
急激に成長というと今の時代、語弊があるかもしれないが、その成長ぶりにはしっかりとした裏付けがある。
経営に対して常に検討、計画、実施を繰り返し改善して着実にステップアップしている。

おれが高田社長と出会ったのは、彼が今の会社を立ち上げる前の約7年前。
出会いのきっかけは前にも話した俺の恩人、中田さんにある場所に導かれたのがきっかけ。※中田さんとは→クリック
それ以来、社長は忙しい時間を割いて、彼にとって何の利にもならない俺を誘ってくれて、いろんなアドバイスや情報を頂いている。
とにかく社長は「熱血」という言葉が当てはまる情熱的な人だ。
今日も、「年が明けてまだゆっくり話をする機会がなかったからさぁ。」と誘われたのだが、開店直後の客がまだいない午前11時半にイタめし屋で待ち合わせをして、別れたのは周りの客が全ていなくなった午後の2時半!
忙しい人だというのに有難いことだ。心からそう思う。

でも話し出したら3時間は結構あっという間だ。
高田社長は話し出したらいつも情熱的に語ってくれる。
俺もその情熱に打ちのめされそうになる時もあるが、次第に社長の話に吸い込まれていく。
それは何故かというと、高田社長はいつも腹を割って話をしてくれるから。
話のベースは彼自身の会社についてが多い。
普通いくら信頼している相手でも、同業の人間に話す話じゃないと思うのだが、社長は真剣な目で、自分の目標や経営方針などを語ってくれる。(もちろん話させない部分は話さないし、誰にでも話してる訳じゃないだろうけど)
とにかく一連の話の中でいつも感じることは、「俺はこんなに頑張ってるんだから、お前も頑張れ!」というエールだと思ってる。
経営手段や思想なども勿論参考になるが、なにより、
「時代を読み、危機感を持って、それに順応できる人間になれ。」と。
だから俺はもっと成長して恩返しをしなければならない。

正直我々の業界全体の未来は薄い。
石油や鉄の高騰による材料の値上げ、
耐震偽造事件以来、建築確認遅滞による新規建築物件の減少、
金融機関の貸し渋り、
公共工事の減少、
政権交代なんかにも左右されるかもしれないが、
何より相場下落による利益率の減少が痛い。
まあ、悪い要因が一気に今年に降りかかってくる。
今年1年で倒産する会社も出てくるだろう。

そんな時代に同業の社長と深い話ができることは大変有難いことだと思う。
俺は心底周りの人々に恵まれていると思う。
だからこそ、どんなに厳しい時代になったとしても、生き延びて成長し、恩返しができるような人間にならなくてはいけないと思う。


 ← 1クリックお願いします!
スポンサーサイト

16:36 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ボディカバー | top | 愛車

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/8-5f187782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。