スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

また老舗が消えた。。。


近隣の町の同業者が昨日破産した。
その町では規模も大きな一番の老舗で信頼も厚い会社だった。

その会社には俺の高校の頃からの友人が経理として勤めていて、たまたまゴールデンウィーク前に他の用事を兼ねて彼に会いにその会社まで出向いた矢先のことだ。

3年ぶりに会った彼は肌の病気を持っていた。
彼の上司は、「彼の肌はストレスが原因だ。」と言っていた。
今思うと想像以上に資金繰りが大変だったんだろうと思う。

その日は久しぶりに昼食を共にした。
一緒に飯を食うのは11年ぶりだと思う。
同じく落ち着いて話しをするのもそれくらいぶりだった。

会話のほとんどが同窓会的な会話だったけど、その時の彼はとても楽しそうだった。
しかし仕事の話になると一言だけ、「厳しい。」と言った。

彼は本当に辛かったんだと思う。
会社がなくなるのは厳しいことかもしれないが、彼にはここで心も体調も完全に回復してもらって再起を目指してもらいたい。


いずれにしても本当にここへ来て我々建設業界は厳しい時代にある。
それもこれまで消えていった会社のほとんどが老舗と言われる会社だ。

業界では昭和を象徴するような会社がどんどん姿を消してきている。
それも決して大胆なことをすることもなく、まるで老衰していくかのように力尽きていく。

これはまさに古い体質から抜け出せずにズルズルと来てしまったからだ。
建設業界は少し前の金融機関と同じで、そして今はるかに遅れている。

金融ビッグバン以前の金融業界が国に守られていたのと同じで、建設業界も以前は公共事業に守られてきた背景がある。
しかし今後、公共事業に依存している会社は必ず消える。

老舗になるほど思い切った方向転換をしていかなければ、この極寒の時代を乗り切ることなんてできない。
たぶん、うちの会社も周りからその老舗だと言われて、うしろ指を指されてるんだろうな。。。

バカが今に見てろよ!


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

10:03 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
人生2度目の失態 | top | 元気のミナモト

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/71-a88ba4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。