スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

My Ferrari328 GTB (inner)


2012102405


この車を仕上るうえで一番拘ったのがinner(内装)です。


「オリジナルも良いけど、ちょっとお洒落に仕上げたいよね。」


今回、この車の全てにおいて面倒を見て頂いたMさんとの会話の中でその計画は生まれました。


そしてそのメニューとは、内装の一部をアルカンターラ生地で張り替えるというもの。

※オリジナルでは、ダッシュボードはビニールレザー、天井からバルクヘッドに掛けては変な布生地になっています。


2012102402


そこで最初に参考にしたのが、実際に張り替えてあるこのMさんの328GTBでした。


2012102403


スペチアーレモデルにも採用されているアルカンターラ生地。


ダッシュボードに加えてセンターコンソール。


2012102404


そして天井からバルクヘッドに掛けてまでアルカンターラで張り替えてあります。


この内装を見た瞬間、予算のことはすっかり忘れGOサインを出してしまいました(笑)



その後、当初はMさんのと同様に仕上げる方向で進んでいましたが、ある日Mさんに連れられて訪れたFSWでその方向性が急展開することに!


2012102406


この日はサーキットを貸し切っての完全プライベートの走行会。


ポルシェ962Cの奥にはマセラティMC12コルサが2台も!


ちなみにその奥にはFXX!


そのまた奥にはなんとベルガーが乗ったフェラーリF1!!!


※その時の様子はこちら → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-568.html


2012102407


そのMC12の内装を見た瞬間、2人とも心を奪われてしまいました。。。


「これにしよう!」


2012102408


日本人には思いも付かないだろうボルドー色のダッシュボードに度肝を抜かれました。


これをどうにか嫌味がない程度に利用したい!


2012102401


ということで早速カタログを取り寄せてコーディネート。





2012102409


そして仕上った内装がこれ!


ちなみにこの色、ボルドーではなくburgundy(フランス語でブルゴーニュ)と呼ぶらしい。


とにかくワイン色です。


2012102417


外から見るとこんな感じ。


2012102416

ビアンコ&ブルゴーニュ、この選択は間違ってはいませんでした!


2012102410


センターコンソールはgraphite(グラファイト=特殊炭素)を選択。


黒でもなく灰色でもなく、、、墨色?


2012102411


Aピラーから天井、そしてバルクヘッドに掛けてはparchment(パーチメント=羊皮紙)で仕上げてみました。


この色もビアンコと良く合います。


2012102413


そして最後の仕上げ。


先の画像でも分かるとおりステアリングのホーンボタンがmomoロゴだったのですかさずヤフオクでゲット。


しかしこんなもんが7,000円もするとは驚きました。。。(汗)



2012102414


やっぱりステアリングの真ん中にはこれがないと様になりません(笑)


ちなみにステアリングも希少な新品を付けて頂いております。


2012102415


ということで、こんな感じで仕上げてみました。


人それぞれ好みは分かれるでしょうが、これは自分の車ですからね、個人的には超完璧に仕上げて頂いたと大満足しております!


2012102418


今回、この車の全てにおいて面倒をみて頂いたMさん、またその工程に関わって頂いた全ての方々に心から感謝を申し上げます!


今後も必死で働いて、このスペシャルな車を維持して行こうと思います!


スポンサーサイト

09:32 | フェラーリ328GTB | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
浅間ヒルクライム&328シェイクダウン | top | My Ferrari328 GTB

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/636-e3430378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。