スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

歴史が人を動かすということ


先週ある先輩と車で遠出をする機会があったので、その時間を使ってじっくりといろんな話をさせて頂いた。


その内容は道楽の話から仕事の話まで興味深いことばかり。


中でも仕事の話が非常に勉強になった。



その先輩は、本業の他にも幾つもの事業を展開していて超多忙な日々を過ごしている方だ。


俺はその先輩の時間の使い方に前々から興味を抱いていた。


本業はもちろん手を抜いている様子も伺えず、他の事業にも意欲的に動き回り、それでいてしっかりと人との交流も深めている。


そういった姿を見ていて単純に思っていたこと。。。


「この人いつ寝てるんだ?」



結論は「寝てない。」だった。



その先輩からメールが来るのはほとんどが深夜。


この時も2日間で3時間しか寝てないだとか言ってるし、たぶん過労からだと思うけど声もかすれて出てないという有り様だ。


俺は先輩の女房じゃないけど、この人その内ぶっ倒れるんじゃないかと心配してしまった。


先輩曰く、今が正念場だからと話すけど、多少の無理はしたとしても無茶だけはして欲しくないものだ。



とはいえ俺は思った。


この人は、自分で自分を追い詰めている。


今やっている事業や人付き合い、全てを頑張ることによって自分や本業が成り立つと考えているんじゃないかと。



それを俺に置き換えてみると理解ができた。


もちろん忙しさの度は全く違うけど、俺も同じだと思った。



俺は本業以外に事業はしていないけれど、取引先を始め業界や商工会議所などといった団体活動や仕事関係の付き合いなどなど、週に2,3回(酷い時は週に4、5回なんてことも)夜遅くまで何らかの会議やら酒の席が入っている。


それらには会社の経費で参加しているものの、そこそこ自腹だって切っている。


端から見れば思うはず。


そんな会に入らなければ会社の経費も浮くし、自腹切ることもないだろ。


付き合いといううたい文句で酒飲んだりゴルフしてる時間があったら会社で仕事しろよ。



ごもっともな意見だ。


でも俺に関して言えば、そういった付き合いがあるからこそ、今の俺、また本業が成り立っていると思っている。


俺はそういった付き合いにちゃんと意味を持たせているし、無駄金を払っているつもりもない。


夜の自分の時間が無くなろうが、休日が潰れようが全く嫌とは思わない。
(面倒だと思うことはあるけれど。)


今の自分を構築しているもの、それは自分自身の歴史だということ。


遠回りしようが何だろうが、それまでやってきた自分の歴史が自分を構築していく。



ちなみに俺は見積作りを始めとする書類作りなど、事務所でやっていることは単なる作業であって仕事だとは思っていない。


本当の仕事とは、それに至るまでの環境作りだ。



その先輩は、見積作りはいつも夜中にやっているそうだ。
(だからいつも夜中にメールが来る。)


理由は、夜中なら来客や電話に邪魔をされることがないからだと話す。


すなわち、人付き合いという仕事を優先して、見積りという作業は空いた時間にやるという姿勢が見て取れる。




それほど忙しい方なのに、俺みたいな鼻にも掛からないような人間にも時間を割いてくれて、また普段味わえないような体験もさせてくれる。



先輩は言う。


「俺もいろんな人の縁で今がある。だから俺も後輩にはチャンスを与えたい。」



大変有り難い言葉だった。


と同時に、歴史が人を動かすということは、そういうことなんだと改めて思った。



この時、俺にまた一人将来恩返しをしなければならない人が増えた瞬間でもあった。



スポンサーサイト

10:51 | 仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
明日はわが身 | top | 4月度 波志江オフ

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: さん | 2012/04/25 10:37 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/570-eeec9958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。