スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

出会い。


しかし今年の正月休みは出会いの日々だった。
3日に偶然知り合った方々に6日の旧車の集まりに誘われ、6日はそこでまたいろんな人と出会い、終いには超VIPまで。

今回出会った方々と今後上手く交流していけるか分からないけど、この出会いは是非大事にしたいと思ってる。

以前務めていた金融関係の会社で、まだ2年目の俺は取引先の人からこんなことを言われたのを覚えてる。
「どの上司について行くかで君の将来が変ってくるよ。」と。
偉そうなその言葉はまさしく計算高い考え方だけど、でもそれから10年ちょいたってそれを実感し始めてる。
前の職場は4年で退職して、それから祖父が経営してる会社に入社した。
当時社員9名の小さい水道設備を主とした零細企業だ。
入社のきっかけは、当時当社の専務をしてた叔父が43歳という若さで亡くなったから。
だからといって亡くなった叔父の代役なんかできないけど。

今の会社に入社して約10年。
会社での俺の仕事は主に営業、見積り、設計、たまに現場管理 など。
また当時の社長(祖父)が高齢だったため入社1年目から社長の代役までしてた。
会社内では結構孤独だった。
他の役員と揉めることも。
俺を技術的に指導してくれる人は会社にはいなかった。
今だから言えるが、当時の当社は体質が時代に完全に乗り遅れていた。(今もそうか。。。)
将来が心配でいつも焦ってた。

でも何故今の自分があって、会社が生き残ってこれたのかを振り返ると、ある人を抜きには考えられない。
その人の名前は中田さん。
中田さんは同業者、同業では当時町一番の優良企業の営業部長だった人。
中田さんは「焦らなくていい」と言ってくれた。
中田さんはいつも俺を導いてくれた。
たぶんライバルにもならないくらい会社のレベルが違うからなのかもしれないが、中田さんは、どんな時でもアドバイスをくれ、いろんなことを教えてくれた。
特に人との接し方は今の俺の考え方の礎になってる。

ある日中田さんは突然亡くなってしまうのだが、中田さんはその後までちゃんと俺に道筋を残してくれていた。
その道筋とは人脈だった。

それから3年が経ち、その方々には現在大変お世話になっていて、また絶対に裏切ることができない大切な人となった。

今になって10年前に言われたあの言葉を思い浮かべると、意味は違うけど、人との付き合い方で将来は左右されるんだなと思うし、実際、今の自分があるのは、周りの人たちに支えられてきたからなんだと改めて実感し、そして感謝してる。

そろそろ中田さんの命日だ。



 ← 1クリックお願いします!
スポンサーサイト

14:36 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
これも仕事なんです。。。一応。 | top | 大森氏ガレージ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/5-e37e57a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。