スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

今後の日本のパートナーは?


これまで何度か日本の外交力の無さに警鐘を鳴らして来たが、ここへ来て本格的にその弱さが露呈されてきている。


今回の沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件における中国への対応は、対中国だけに収まらず今後大きな波紋が広がるに違いない。


と言ってるそばから韓国は、「日本が尖閣諸島を実効支配しているのを理由に日本の領土だと主張するならば、竹島を実効支配しているのは韓国なのだから竹島は韓国だ。」などと便乗し、


更にロシアは歴史的認識を中国と口裏を合わせ、「北方領土はロシアの一部」と騒ぎ始めている。


中国にビビッて中国漁船の船長を安易に釈放してしまったツケが今後の日本に容赦なく降り注いでくる。



もういい加減平和ボケ日本から脱却しなければ確実に日本は沈没する。


というか何処かの国に占領されてしまうことも有り得るんじゃないか?



石原都知事は、「仮に日本が核を保有していたら、こんな事態にはならなかった。」と話した。


これって正論かどうかは分からないが、たしかに言えてる。



今まで日本という小さな島国はカネと強いアメリカというバックを持っていたから存続して来れたんであって、経済大国という肩書きが薄れ、アメリカの対日意識も薄れてきた今、これまでと同じようなスタンスで外交に挑もうと思っているなら確実に日本は世界の餌食になる。





日本は次のパートナーを確実なものにしなければならない時期に来ていると思う。


それはアメリカでも中国でもない。




現在日本はインドとの経済連携協定を締結すべく交渉を続けていて、9月の交渉会合において大筋合意まで漕ぎ着けたらしい。


この協定を結ぶことが今後の最重要課題になる。


幸いインドという国は極めて親日意識が高い国。


ちなみに広島原爆記念日の8月6日にはインドの国会が会期中に限り毎年黙祷を捧げているほど親日らしい。


だから日本はもっとインドからの留学生など人的交流を増やすべきだ。




また今後経済大国になるであろうブラジルとの関係も深めておかなければいけない。


そのブラジルも親日意識が非常に高い国。


ブラジルへ移民した日本人が農業を教えたという経緯があり、それ故日本人に対する意識は良好だし、現在ブラジルには日系ブラジル人の政治家も少なくない。


ちなみに俺の親族にも日系ブラジル人がいるくらいだ。



2016年のオリンピック開催が予定されているし、今後更なる発展を遂げるとこは間違いないだろう。


※過去のブラジル記事 → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-278.html




中国の次はインド。


その次はブラジル。


その後にアフリカの時代が来るんだろう。



とりあえずこの2国との関係が将来の日本を左右するといってもいいだろう。



だから日本政府、何事ももっと強い態度で日本の存在感をアピールしてくれ!!




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

15:05 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ピートダイゴルフクラブVIPコース | top | 9月度ダムサンデークラシック

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/395-37a4e693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。