スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

心に刻まれた奇跡


8月7日の夕方、突然携帯電話が壊れた。


新しい機種にして半年も経っていないのに、何故か着信のみが不可能という不可解な事態に陥った。


発信は可能だけど着信は不可能。(電話とメール両方とも)


誰かが俺に電話をかけようとしても即留守番電話に切り替り、おまけに着信通知も受信できないので相手からのコンタクトに俺は気付くことさえできない。



結局その後も電話が鳴ることはなく1日が終わり、俺は眠りに就いた。




翌朝7時半を少し回った頃、珍しく俺は涙で枕を濡らしながら目覚めた。



それはある夢を見たからだった。



珍しく奈良にいる祖母が出て来た夢。




夢の中で祖母は何処かへ帰ろうとしていた。


夢だから前後関係ははっきり覚えていないが、とにかく何処かへ行ってしまう夢だった。


そんな祖母のために俺は1個のおにぎりを作ってあげようと懸命に米を握るのだが全く上手く作れない。



結局そのボロボロのおにぎりを祖母に渡しながら俺はこう言う。



「結局、俺はおばあちゃんに何もしてあげられなかった。。。」



夢の中で俺は号泣していた。





目が覚めて我に戻った瞬間、当然ながら嫌な予感が頭を過ぎった。




「まさか、、、そんなことねえよな。。。」




と、そこへ今まで着信不能だったはずの携帯電話に着信通知のみが数件入ってきた。



それはお袋からの着信が数回、妹からの着信が数回という通知だった。



すぐさま俺は電話をかけた。



これも夢だと思いたかったが、やはり祖母が亡くなったという知らせだった。


89歳だった。




息を引取ったのはこの日の午前7時50分頃。


俺がその夢を見ていたのが7時を回った頃だろうから、祖母は逝く直前にわざわざ俺に会いに来てくれたということになる。


俺はこれを偶然だとは思っていない。


悲しかったけれど、これで祖母との最後の時間がしっかりと心に刻まれた。





さらにこの後、携帯電話が不可解な故障を引き起こした理由にも気付かされる。




祖母の訃報を聞き、すぐに俺は奈良へ向かう準備へと移った。


同時に壊れた携帯電話を修理のためショップに預け、代機種は以前使用していた機種を久しぶりに復活させてその場をしのぐことにした。



そこで気付く。



実はその代機種には祖母の肉声が録音されていた。


それはある日の祖母からの留守電を録音しておいた、今となってはこの世に唯一の祖母の肉声だった。



その録音されている祖母の言葉とは、


「タカヒロ、元気か?おばあちゃんやで。また声聞かせて下さい。」




考え過ぎかもしれないが、あの不可解な故障は祖母の想いだったんだと俺は勝手に理解している。





聞けば祖母は90歳を目前としたその歳で、さらに寝たきりの身だったにも関わらず、日々気持ちをしっかりと持ち懸命に生きようと頑張っていたらしい。


祖母は昔からたくましい女性で、31年前に祖父を亡くしてから1年半前に倒れるまでずっと大阪は東大阪の自宅で一人暮らしをしていた。


それまで病という病にも侵されず、実に80歳を過ぎるまで難波の中華料理屋でパートをしていたくらいだ。




でも、もう十分頑張ったよ、おばあちゃん。


31年ぶりにおじいちゃんと再会できて良かったな。


2010050104




【追記】2010.8.16


その後、携帯が修理から戻ってきたが、電話自体に異常は見当たらなかったとのこと。



こんなことってあるんだな。



スポンサーサイト

17:59 | おばあちゃん | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
前橋市花火大会 | top | ドラマ『鉄の骨』

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/386-91e0b2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。