スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

迫る日本沈没の日

2010051001


刻一刻と日本沈没が現実味を帯びてきた。


俺はこれまで政権交代がされる前から民主党の行方、またこの方の言動には警鐘を鳴らしてきた。


【過去の記事】

平成21年3月5日のブログ

平成21年8月31日のブログ


そして現在、鳩山政権の支持率 24%
※読売新聞社が5月7~9日に実施した全国世論調査(電話方式)にて


ついに危険水域の30%を割り込んだ。


この結果は、普天間基地移設問題でのゴタゴタが大きく響いたものなんだろうけれど、仕分け作業だって選挙前に公言していた削減額には程遠い結果となってる始末。

さらに子供手当てに高速料金無料における財源問題 etc


当初連発していた「友愛政治」は何処へやら。。。


散々国民に期待を持たせておいて、ほとんどの政策が中途半端、というかナ~ンにも進展してない、、、っていうか逆行してるじゃねぇか!


だいたい何で一度決定した事業をわざわざ白紙にするのかが理解できない。


今回の普天間基地の問題にせよ、八ツ場ダム建設問題だってそうだ。


そりゃ地元の人々にしてみれば、自分の住んでいる環境に基地があったり、今まで住んできた場所がダム建設によってダム湖の底にしずんでしまうということを考えれば反対の立場を取るのは当たり前のこと。


しかしそれら問題は、これまでの長い長い話し合いの過程において、いろいろな展望や妥協が重なり合った末になんとか決定した事ではないのか。


それをたった一言。


「基地は海外、最低でも県外」


結果どうなった?


「余計なこと言うんじゃなかった。。。」


とか本音は思ってるんじゃねえのか?



「コンクリートから人へ」


結果は?


「やっぱり道路も作っちゃいま~す。」


おいおいおい、、、、



これで国民の政治への関心は低下の一途を辿り、夏の参議院選挙は何の希望も持てないお粗末な選挙となることだろう。


その結果、どの党が勝ったとしても日本の政治は機能しなくなる。



日本沈没はもう免れないのか?




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

13:21 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
谷亮子民主党から参議院選挙出馬 | top | 苦節何年?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/356-cbcffac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。