スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

KAOTIK

2010030702


懐かしい車を一台。

これは俺が12,3年前に乗っていた日産マキシマ(1989年式)。

当時、ほどほどのローダウン&メッキホイール&フルスモーク(現在は違法)、エアロパーツ未装着というスタイルが気に入っていた。(特にエアロなしというのがこだわりだった。)

※周りのマキシマ乗りにはフルエアロ&ベタベタのローダウン&メッキホイールというスタイルが多かった。

俗に言うローライダーというスタイル。


この車と出会うまではずっとスポーツカー志向だった俺がなぜ普通のセダンに乗り替えたかというと、その答えはホイールにある。

2010030703

この植物が複雑に絡み合ったような独特なホイールは、KAOTIK(ケオティック)というアメリカのブランド。


当時世界中にメッキ&オーガニック(有機的)ホイールブームを巻き起こしたこのブランドは、今までの「単なる車のパーツ」という概念から、装着する車とのマッチングを一切無視した「ホイールの存在感が第一」的な奇抜なデザインを大ヒットさせ自動車業界に衝撃を与えた。

後に日本でメッキホイールが流行ったのもこのブランドが火付け役。

日本の自動車メーカーまでもが純正ホイールにメッキホイールを採用したことを考えるとその影響力が大きかったことが分かるだろう。



なんとこのデザイナーは日本人。

元々ミュージシャンだった彼は車に全く興味もなく、デザインの勉強も全くしてこなかったそんな男が何気なく描いた落書きほどのデザイン画がホイールメーカー(アメリカMHT社)の社長の目に留まり即デザイナー契約。

その落書きから半年後、製品化された作品を引っさげてラスベガスで行われた世界最大の自動車ショー「SEMA SHOW」で華々しくデビュー。

しかもそのSEMASHOWのホイール部門でいきなり人気NO.1を獲得するという偉業を成し遂げた彼はその後もヒットを重ね、そのデザインは世界中の自動車メーカーの純正ホイールにも影響を与えたと言われている。

まさにアメリカンドリームを掴んだ男。

日本でもデザイナー自身のカリスマ性が話題を呼んで、当時毎月のように車雑誌の特集を飾っていたので知っている人も多いはず。



そこで俺がマキシマに乗り替えた理由。


当時俺は半年前にユーノスロードスターを新車で購入。

日々オープンカーライフを楽しんでいた。

2010030704


ここで、さっきの売れっ子日本人デザイナーの登場。

実は彼は俺がガキの頃からの大親友。


ある日、その彼から一言。


彼「お前、俺のホイール履けよ。」

俺「カッコいいけど、俺のロードスターにはサイズが大き過ぎて入らないよ。」


彼「じゃ、俺が取引してる会社の部長がマキシマ乗ってるから交換してもらえよ。あれなら合うだろ。」

俺「合うだろって、、、、、まあカッコいいよね、アレ。」


翌日、奴から電話。

奴「部長がマキシマとロードスター交換してくれるってさ!」

俺「マジかよ!冗談かと思ってた。おれまだロードスター半年しか乗ってないんだぜ!」

奴「まあいいじゃん。マキシマ良い車だし。俺のホイール履けよ。」


というわけ。

あっさり交換してしまう俺も俺だけど。。。


2010030701

マキシマを経てしばらく、結局またスポーツカー乗りへ。

今度はZ32フェアレディZ。

このホイールも彼がデザインしたもの。(これが一番気に入っていた。)



今でも彼とは定期的に飲みに行ったり情報交換をしている仲だ。

ある意味、彼の存在自体が今の俺を後押ししている原動力になっていると思っている。

周りにもいろんなアドバイスをくれる先輩方は沢山いるけど、やっぱり最も近い親友の生き様を意識しないわけにはいられない。

俺は彼という親友を持ったことで目標を高く持てる人間になれたんだと思っているし、これからも何事も簡単に諦めるようなことはしないだろう。


彼の存在は、大きい。



現在、彼の代表的なブランドはこちらでチェック → http://www.sporzawheels.com/

現在もNBAを始めとするプロスポーツ選手や世界のセレブが多数ご愛用とのこと。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

10:27 | 旧車~今車 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
37歳の誕生日 | top | 初めての卓話

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/329-fd8b0cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。