スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

官民崩壊


ここ群馬県の除雪事情がテレビの情報番組で取り上げられたという記事を読んだ。

その記事の内容とは、ここ数年の不景気によって除雪作業体制の維持に陰りが出てきているといった内容。


除雪作業に当っているのは地元の建設業者。

その費用は除雪車両が稼動した時間で支払われるため、その他の経費(除雪車両の維持管理費、作業員の待機料など)は含まれない。

結局、その経費(赤字)の部分は他の事業で得た利益から捻出しているというのが現実。

とはいってもここ数年の不景気、さらに公共事業の激減によって除雪作業に当てられる経費を捻出するのは困難な状況で、いくら地元地域のためのボランティア的な位置付けとはいえ、体力の低下した業者にとっては大変な重荷になっているのが正直なところだという。

これは全国の積雪地帯においても同じであって、鳥取県などではここ数年で地元建設業者が大量に廃業していて、除雪作業自体が儘ならない事態に陥っている町もあるくらいだ。


今回は除雪作業の現状が取り上げられたが、他の分野においても同じ現象が起こり始めている。

県営、市営などの公営住宅の緊急修繕(建築、電気、給排水衛生設備)や、道路に埋設してある水道本管の緊急漏水修繕 etc

県や町が業者に委託している事業は多く、やはりそういった事業の報酬は除雪作業と同様に厳しいものがあり、参加する業者自体が年々減少して来ているというのが現状。

とくに県営住宅などでは、年間の修繕業務にあたる業者を入札によって決定しているが、その入札にすら参加する業者がゼロといった地区もあるくらいだし、某市営住宅では修繕業務を請け負っている建設協会自体がバックしてしまったというケースもある。


これは、ここへ来てとうとう官と民の関係が崩れたということを意味している。

どこの自治体でも同じだと思うが、これまで地元のライフラインを守ってきた業者(建設関連団体)と役所との関係にはある意味灰色に包まれた部分があった。

それはお互いが歩み寄って成り立つ包括的な関係だ。


役所の困り事は建設関連団体に相談。

「除雪作業を引き受けてくれないか?カネはないけど。」

「公営住宅の修繕を24時間体制で引き受けてくれないか?カネはないけど。」

「水道本管の緊急漏水修繕を24時間体制で引き受けてくれないか?カネはないけど。」

「町にゴミ屋敷があるから何とかしてくれないか?カネはないんだけどさぁ~。」etc


それに対して建設関連団体は、、、

「引き受ける代わりに公共事業は地元企業優先で発注して下さいね。」

当然のことだ、役所からのお願い事はいつもカネがない話ばかりなんだから、それらを引き受ける代わりに他の仕事で赤字分を補填させてもらわなければ採算がとれない。


それでも地元業者の地域に対する貢献意識、また時にはいろんな思惑が交差する中において官と民との関係がガッチリ成立してきた時代があった。
(どちらかというと地元建設業者の方が役所に良いように使われてきたのだが。)



しかしここへ来て、その官と民の関係が崩れようとしている。

世間では建設業界の不振ばかりが報じてられているが、地元の建設業界が崩壊したらどうなるか。。。

困るのはそこの地域、役所だということも頭に入れておかなければならない。


バブル崩壊をきっかけに公共事業は激減。

入札制度は「透明性」「自由競争」などと言いながら参加条件を広げてしまったために、一切地元に貢献していないクソみたいな業者が実績作りのためだけに採算度外視の最低価格で落札していく。

さらに最近ではクソ新政権による地元を無視した仕分作業のおかげで公共事業は更に激減する模様。

現在全国に50万社(ピンきり)ある建設会社が後には20万社まで減少し、その20万社も国では面倒見切れないから他業種へ転換してくれなどと簡単に言い切っている現国交大臣はクソ以下だ。


はっきり言って今の地元を無視した政権では建設業界はもちろん各地方自治体の運営だって危うくなるのは必至。


毎月ママから1500万円もの小遣いを貰っているのなら、それをそのまま地方に回してほしいぜ。

それが社会貢献ってもんだろ。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

18:05 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
仕事納め。 | top | 六本木ヒルズにて

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/307-6ecac92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。