スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

この時点で本当に無駄なのか?

2009091701

ただいま注目の的、「八ツ場ダム」を見て来た。

といっても草津温泉に行く途中に車窓から覗いた程度だけど。。。


よくテレビで見かけるこの作りかけのコンクリートの塊り。

ダム計画から50年以上をかけてようやく最終段階のダム本体工事発注といった直前での建設中止宣言。


新しい与党のマニフェストで八ツ場ダム中止を掲げているが、カネの無駄、ダムの必要性云々は専門家の判断に任せて、単純にここまで造ったモノを今後どう処分していくつもりなのかと素人ながら思ってしまった。


もしかしてこのまま「負の遺産」、または「政権交代の象徴」として残すつもりなのか?


分からないけど、おそらくこの塊り、この段階では十分な耐震強度はないだろうから解体撤去するしかないと思し、解体するにも当然コストがかかる。

それにしても実際に間近で見ると本当にデカかった!

というかその大きさに不気味さまで感じたわけだが、本当にここまで造っておいて中止にする気なのか?

俺自身このダムが必要なのかどうかは分からないが、よくニュースで取り上げられている地域住民問題、各自治体の負担金問題、あらゆる部分で補償すべき問題が予想され、また、ここまで弄くり倒した地域の再生というのにも莫大なコストがかかるに違いない。

だとしても、このダム建設中止は断行するんだと思うけど、本当に本気で今度の大臣は中止でいいと思っているのだろうか?


規模は違うが、去年の末にF1を途中撤退したホンダの例を挙げてみると、、、

1シーズンに400億円かかるF1参加を会社業績の悪化を理由に完全撤退したホンダ。

ホンダの社長は3年~5年後にこの判断が正しかったかどうかが分かると話していたが、実際撤退するに当ってはやはり莫大な各種補償が必要となり、更に売却先がなければファクトリーの処分費云々を含めて130億円の撤退費用がかかると言われていた。

その後どう処理したかは分からないけど景気は徐々に持ち直して来ていて、徐々にではあるけれどホンダ自体も巻き返してきているんだろう。

じゃ、F1撤退はホンダにとって本当に良かったのだろうか?

シーズン途中でF1に背を向けてしまった「名門ホンダ」。

業績が上がったからまたF1復帰したいと言ってもたぶん不可能だろう。。。


このダムも今になって中止にしておいて、後になって温暖化等の気候変化によって水確保が必要だなんて言ってもその時はもう遅いと思うんだけど。。。

どうなの?



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

17:17 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ロータリークラブ | top | ブレーキが利かない!?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/273-8f0bb968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。