スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

大阪一人旅’95 第一章

2009032701


もうすぐ4月だというのに朝から雪が。。。

この地域では珍しく、一瞬ではあったけれど結構な勢いで降った。



この時期の雪で思い出すのが、おれが大学を卒業した今から14年前の3月23日。

卒業記念を兼ねて、群馬の自宅から大阪の祖母の家までを一人車で地図と高速道路を使わずに出掛けたことがあった。


その日は朝からまとまった雨が降っていた。

行く途中、妹を八王子のアパートまで送って、そこからは一人。

とりあえず西へ向かえば着くだろうという単純な考えで、とにかく西へ車を走らせた。。。


雨は降り続いたが、俺はとにかく道なりに走った。。。


気のせいか若干上り気味の道のり。。。


そのうち雨から雪へ。。。


俺 : 「まさかこの時期に雪は積もらないだろう。。。」


30分後。。。


俺 : 「積もった!!!」


タイヤはノーマル、チェーンも持ってない。。。

いったい俺は何処にいるんだろう???


そして道路標識を見て愕然!

そこに書いてあった地名は、「上九一色村!!!」

1995年3月20日の地下鉄サリン事件をきっかけに一気に有名になったあの村だ!


教団施設「サティアン」に強制捜査が入った翌日、俺はそこにいた。


よく見渡せば周りには警察車両が何台も走っていた。



、、、そんなことはどうでもいい!

山梨は分かったけど、だいたい俺は日本のどの辺にいるんだぁ!?


最寄のコンビニに寄って地図を確認してみた。。。


ガーーーン!!!

富士山の真北じゃ~ん!!!


本当なら、その内国道1号線に出て、そこを走り続ければ大阪に着くはずだったのに~


すでに辺りは暗くなり、道路の積雪も増してきた。。。

危険を避けてその日はそこで一泊したとしても、翌日に車が走れるという保証はない。。。

かといって後戻りしても雪道が続く。。。



結局、俺には先へ進むことしか選択の余地が無かった。。。

こんな車で。。。↓

20090327CRX

当時の愛車、CR-X 1.5x
(これにタコ足、マフラー、足回りを変えてサーキットを走ってた。)

こんな軽い車+ノーマルタイヤで雪の坂道を下るのは相当な技量が必要。

しかも富士山の裾野はとっても長い!!


まあ、とにかく道なり山を下れば、富士山の西側を突っ切って海(1号線)に出れる。

「男は前進するのみ!」みたいなことを自分に言い聞かて気合を入れた。


とはいっても道路はタイヤ痕が全くない真っ白な路面に、街灯一つない真っ暗な一本道。

頼りは自分のヘッドライトのみ。

途中目に入るのは「ここは青木ヶ原樹海です」みたいな看板ばかり。

そして涙がちょちょ切れる。。。


不屈の精神で前進すること数時間(はっきり覚えてない)。

やがて雪は雨へと変わり、夜の9時、おれはなんとか国道1号線に辿り着けた。



安堵も束の間、大阪へ行くと言っておきながらまだ半分も来ていないことに気付く。。。


そして休む間もなく俺は進路をしっかりと大阪に向け、気が遠くなるような夜の国道を走り続けたのだった。。。


つづく。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

17:20 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大阪一人旅’95 第二章 | top | オープン戦「巨人VS西武」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/210-1112f0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。