スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

オーバークール対策

水温調整1

先日S30Zを入院させた時にショップの社長に指摘されたのが水温計。
社長:「水温が上がらないねぇ。温度が低いのも駄目だからね。」

走行して確認してみると、、、確かに水温計の針は左寄りだ。。。
夏場、オーバーヒートには注意して運転してたんだけど、その逆は気にしてなかった。。。
(過去にボルボ850エステートをオーバーヒートで廃車にした経験あり) ※俺ほんと素人
これは「オーバーヒート」の逆で、「オーバークール」といい、水温低下によって、オイルの循環にも影響、燃費悪化、シリンダー内の磨耗などに繋がる恐ろしい病気!

俺のS30Zは、去年の8月に在庫のベース車を予算内で仕上げてもらったもので、元々のベース車には3.0Lフルチューン仕様が載っていたが、カネがない俺はエンジンをノーマルの2.8Lに変更して仕上げてもらった。
しかし以前から付いていた大容量ラジエーターやオイルクーラーはそのままだから、夏場のオーバーヒート対策には十分過ぎる装備だけど、逆に冬場のオーバークールが懸念される事態となってしまった!

そこで冬季限定の応急処置をすることに。。。
水温調整2


ラジエーター半面とオイルクーラーをダンボールで塞いで終了◎
あとはオーバーヒートに気を付けて様子を見ることに。
将来、3.1L化計画もあるかもしれないので、冬場はこれで凌ぐことにしました。


 ← 1クリックお願いします!
スポンサーサイト

11:57 | フェアレディZ(S30Z) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
雪かよ。。。 | top | 初めてのガス欠!

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/19-25b4e1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。