スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

世界のTK


「世界のTK」(笑)こと小室哲也が逮捕されるらしい。

逮捕がどうのこうのは置いといて、あれだけ稼いだ男が最近では自己破産寸前だったということに少し触れてみたい。


一時は年収20億円もの収入があった大富豪が転落していった。

その一番の原因は、自分の音楽的才能を世界に広げようと幾つかの事業を立ち上げ、それらがことごとく失敗したとのこと。

報道では、ある事業で70億の負債を抱えたのが一番の原因だと出ていたけど、たぶんそれら事業への出資をほとんど自己負担で行ったから破滅の一途を辿ったんだろうと想像する。


でもさあ、年収20億貰ってたなら一生遊んで暮らせばいいじゃん!


周りからチヤホヤされて王様気分。

その内、カネの匂いに人が寄って来ては、色んな儲け話を持ち掛けられる。

自分もその気になって実業家気分。

さらに欲望は名声に変わり、「世界の小室」になりたいから、「僕のことをTKと呼んでよ。」などと舞い上がってしまう。

そして事業が失敗したら、今まで彼の財布にしがみ付いていた人間は皆逃げて行く。

典型的なカモだ。


もし俺が小室哲也だとして事業を起こしたなら、出資は極力抑えただろうな。
(でも、おれも舞い上がっちゃうのかな。。。)

だいいち既に「小室哲也」という知名度があるんだから、

「YOU,僕の名前を使って商売やりなよ。」

これくらい生意気に話を持ち掛けたとしても、食い付いて来る奴なんて沢山いただろうに。

わざわざ自分でカネを払わなくても事業なんて出来たはず。


それに何か新しい事業に出資する場合、その出資額は自己資産の半値以下に抑えること。

これはどの時代においても常識だ。


まあ報道では事業失敗を大きく伝えているけど、全ては彼自身の無駄遣いだろ。

私生活の浪費っぷりもそうだし、事業にしても彼が支払ったカネのほとんどは、適正な金額ではなく、それを取巻く人間の純利益になっているというのが想像できてしまう。


カネを持った人間が自ら名声を獲りに行くとこういう結果になり易いということだ。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

10:20 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
人間力。 | top | クラシックカーフェスティバルin桐生

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/153-ee02ee71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。