スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

生き残り


アメリカ金融危機を期に話題になっている日本企業の大手金融会社買収劇。

ここへ来てジャパンマネーという言葉が久しぶりに表舞台に出てきたというのは、前にもブログで紹介した。


ただ、日本企業の買収劇は今始まったわけではない。

最近起こった原油高問題以前の2年くらいの期間、一般市民には実感が湧かなかったが、日本経済はかなり景気が良く、大手日本企業を中心に過去最高利益を上げた企業が多かった。

なぜ一般市民に実感が湧かなかったかというと、それは出た利益を全て企業内にプールしていたから。

下請け企業や社員の給与などには殆ど還元されることがなかった。


実はその頃から日本企業の世界進出が盛んになってきている。

今年に入ってからは、野村ホールディングスがリーマン・ブラザーズのアジア・太平洋部門の買収(約240億円)や、松下電工のアンカー・エレクトリカルス社の買収(インド・ムンバイに本社を置く配線器具・照明器具メーカー(482億円))など、外国企業223社を買収しており、今後もその勢いは加速しそうだ。

しかし昨年も同じ期間で216社もの外国企業を買収している。

日本たばこ産業(JT)は昨年、イギリスの大手タバコ会社のギャラハー社を約1兆7000億円で買収しているし、日本板硝子はイギリスのガラスメーカー、ピルキントン社を4363億円で買収している。


なぜ今日本企業の世界進出が活発なのか。。。


今行われている買収劇は、昔のような日本企業の「外国文化買いあさり劇」とは違って、企業の「生き残り」を賭けた手段の一つなんだと言っていいだろう。

日本企業は今後の日本の将来に見切りを付けている。

アメリカの新聞などはその理由を、「日本の人口が今後減少することに伴って国内市場の成長が停滞する、という危機意識が反映されたものだ。」と報じているし、フランスのフィリップ・ファーブル対仏投資庁長官は毎日新聞の取材に対し、「フランスの高い基礎研究力と日本の応用力が結びつけば、素晴らしいビジネスができる」と答え、日本企業の進出に対して逆にラブコールを送っている。(現在フランスにはトヨタ自動車やファーストリテイリング社など約450社が進出している。)

また、自動車メーカーのスズキは1982年に日本の自動車メーカーの中でいち早くインドに進出して現地にて自動車生産を開始。
2006年には63万台を生産して、インド国内の乗用車シェアは54%を達成している。


企業に一番必要なもの、それは需要

話のレベルは一気に下がるが、うちのような零細企業にとっても全く同じであって、需要供給のバランスに会社の規模は関係ない。

しかし厳しい現実として、うちの業種は地場産業のような部分もあるので、母国に見切りを付けて需要がある外国へ進出するなどということは無理。

だから営業努力も大事だが、いかに需要の多い環境に身を置けるかも大事になってくる。

ちなみに違う業種だけど、たまに同じ町に複数の店舗を展開しているイタリア料理店や美容室などを見掛けるが、ああいうオーナーの神経を疑ってしまう。

東京のような人口密集地なら分かるが、1店舗成功したからといって、半径約7Km、人口15万人程の田舎町に2号店、3号店を出すなんて、いったいどんな計算をすれば出店に踏み切れるのだろうか。。。
(ちなみに美容室は同市内に200以上ある。)


おそらく、今外国へ進出している企業が現地で利益を上げた場合であっても、その利益が日本へ反映されることは少ないと思う。

何故なら彼らは企業として生き残りを賭けているのであって、日本の国民を食わすために出稼ぎに行っているわけじゃない。


今後、需要減少は確実に加速する。

どんな業種であっても同じ。

そして需要減少に対応できない企業は確実に衰退する。

需要減少と同業者数減少のスピードは同調しない。

先に需要が減って、同業者が価格競争し、仕事が取れない企業が倒産、価格競争により相場が下がり倒産する。


同業者が減って需要率が上がると思いきや、需要減少のスピードは加速し続ける。。。


そんな蟻地獄のような世界が待っている。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

11:34 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
思ったほど。。。 | top | ヤル気が。。。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/147-57a11d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。