スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

すごいぜっ!ドバイ!!

2008100701

近年のドバイの発展は著しいものがある。

きっかけこそオイルマネーで飛躍した国ではあるが、最近は国内GDPに石油が占める割合はたった6%以下。

現在は、中東の金融、流通の拠点、さらに観光政策など産業の多角化を進めている。

さらに最近の原油高も後押しして、2005年の経済成長率はなんと16%
(ちなみに約10年前の経済成長率は30%!!)

現在ドバイでは、「世界の建設重機の1/3がドバイにある」とまで言われ、年内には世界一高いビル「ブルジュ・ドバイ」(約690m)の完成が予定されているし、さらに今度は高さ1kmを越えるビルを建てる計画もあるらしい。

まあ、他国がやることだから俺はあまり関心はないけれど、しかし端から見ているとつくづく 「バカじゃねえの。」って思ってしまう。

なんで急成長した国は背の高いビルを造りたがるんだろうか。。。

同じく短期間で発展した中国もそうだし、少しアピール度が過ぎると思う。


そもそも1980年の時点でたったの28万人だったはずのドバイの人口は、2007年の時点では約120万人と膨れ上がっている。

ただ、その人口120万人の内訳はというと、実に住民の90%が外国人で、その内60%をインド人など南アジアからの出稼労働者が占めている。

ここで肝心なのことは、少なくても人口の半分が貧困層だということ。

彼らは出稼ぎに出発する時こそ、「母国の家族のために。」と賃金が良いと言われるドバイへ旅発ったはずだが、現地に入ってみれば豚箱のような環境で生活をさせられ、想像を遥かに下回る賃金で休みのない労働を余儀なくさせられているというのが現状だ。


ドバイは元来、他のアラブ諸国に比べて石油埋蔵量が少ないという理由から、早くから産業の多角化を進めざるを得なかったという経緯がある。

先にも書いたように、現在はオイルマネーには極力頼らず、金融と流通、それに世界の金持ちをターゲットにした観光産業が占めている。

しかし、ここ最近のアメリカ経済の崩壊がどれほど世界経済へ影響を及ぼすかによって、ドバイの主力産業にも多大な影響を与える可能性が出てくる。

もしドバイ経済が混乱したら、超高級ホテルは破綻、不動産価格の暴落、高層マンション、オフィスビルは廃墟と化す。

しかも一番懸念されることは、現在建設中の物件が中止になると、外国からの出稼ぎ労働者が行き場を失くし暴徒化、治安が一気に悪化するということが予想される。

実に住民の最大50%(60万人)による暴動が起きる可能性があるということだ。

そうなったらドバイは第2のヨハネスブルグになること間違いなし。

2008100702
↑ヨハネスブルグ市街(南アフリカ)

ヨハネスブルグは、「世界最悪の犯罪都市」と評されるほど治安の悪い都市。

アパルトヘイト廃止後、職を求めて不法入国者を含む多くのアフリカ系貧困層が大量に市街地へと流れ込んだが、教育に貧しかった人々が職を掴むことは難しく、結果的に治安が悪化、それまで都市部に住んでいた富裕層(企業も)は郊外の町へと移ってしまい、現在都市中心部はゴーストタウン化している。

公表されている殺人事件による犠牲者数は1日平均120名
(内 外国人旅行者が約20名を占める。)

地元警察が言うには、「自動車を運転する際、たとえ赤信号であっても事故の恐れがなければ停止しないというのが常識。」とのこと。

もし信号待ちで襲われても、それは運転手が悪いという認識らしい。。。

ちなみに中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%

これは1度は必ず襲われて、更にまた襲われる確率が50%という意味。

2008100703
↑ヨハネスブルグにある「Ponte Twoer」(画像右はビル内部)

「Ponte Twoer」はヨハネスブルグを象徴するランドマークタワーだったはずが、現在はギャングの住処となっている。

だいたい、2010年に開催されるサッカー・ワールドカップ決勝戦をこんな都市で行おうとしていることが俺には信じられない。。。


話がズレたけど、もしドバイの貧困層が暴動を起こしたら。。。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

11:29 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
レトロミーティング in KAWABA | top | 1級土木実地試験と野球観戦

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/141-692302f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。