スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケル・コリンズ


20080825

10年ほど前に初めて観て以来、定期的に観たくなる映画。

『マイケル・コリンズ』(1996年)

1169年のノルマン人侵攻から始まり、700年もの間イギリスの支配下にあったアイルランドをわずか31年の生涯で自由へと導いた英雄マイケル・コリンズ(実在した人物)を描いた作品。

出演:リーアム・ニーソン、ジュリア・ロバーツ 他

監督:ニール・ジョーダン

ヴェネチア映画祭、金獅子賞授賞作品。

※物語自体は大筋歴史どおりに描いてあるが、長い経緯を2時間枠に凝縮しているため、所々に事実と相違がある部分もあるらしい。


先月、久しぶりにこの映画が観たくなってレンタルショップへ行ったら当時借りたビデオは処分されてしまったらしく、他のショップを回ってみてもまったく置いてない。。。

結局Amazon.co.jpで購入した。


マイケル・コリンズはアイルランド独立運動を指揮し、アイルランド共和国の財務大臣、IRA(アイルランド共和国軍)の情報部長、アイルランド国軍の司令官、英愛条約交渉においてアイルランド側の代表の一員などをつとめた人物。


おれはこういったカリスマ性を持つ英雄の話しが大好きで、こういう映画を観ることで時にダラけた自分に刺激を与えている。

この他にも好んでよく観るのが、

『ブレイブハート』(1995年)

主演監督:メルギブソン、出演:ソフィー・マルソー

13世紀末、スコットランドの独立のためにイングランド王エドワード1世に抵抗し、処刑される瞬間まで戦い続けた実在の人物、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた作品。
(内容はフィクションらしい)


これら作品には生きる上での「何のために」が強く描かれている。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト

17:38 | 映画・ドラマ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
地域金融機関の行方 | top | 師弟愛

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tski.blog35.fc2.com/tb.php/126-09168303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。