スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

地元で生きるということ。


昨日、うち会社を担当している商社の担当者がある報告をしにやって来た。


その担当者が4月から移動になるという内容だった。


この商社との取引は古く、現在の担当者ももう7,8年ほどの付き合いになる。


担当者が変わるということは珍しいことではないけれど、今回の人事に伴いうちの会社があるこの地区(太田市)が重点地区から外されることになったらしい。


埼玉でも東京よりに拠点を置く会社だが、今から30年以上も前からここ群馬県は太田市に営業力を注いできたこの会社も、ここ数年の太田市の市場縮小で方針を変えざるを得なくなったという。


当然といえば当然、商社はモノを売ってなんぼ。


売れる市場を目掛けて営業をかけるのが当たり前だ。


ましてや地元でもない町からカネの匂いが消えれば撤退だって有り得る。


もちろんこれを期に取引を止めるということではないし、うちも引き続き付き合うつもりだ。



たしかにここ数年の地元市場の冷え込みは留まるところを見せない。


さらに東日本大震災の影響が今後どれほどの波となって押し寄せてくるのか。


単純に想像するだけで、燃料や電気の値上げに伴いあらゆる物資の高騰、個人消費の減少、より一層の公共事業や企業の設備投資の減少 etc


要するに今まで以上に仕事が減って、あったとしても更に厳しい価格競争になる。


というか、今まで政権交代とか何とかで「日本を変えます!」だなんて言われてはきたが、今回の震災を期に今後否応なしに日本が変わらざるを得ない時代に突入する。


それこそ根こそぎ変わる可能性もあるということを覚悟しなければならない。



昨日来た商社、物売り企業なら少しでも魅力のある市場を求めて場所を移動すればいいけれど、うちのような町の水道屋はそう遠くまで出向くことはできない。


雑談の中で、今から被災地方面に支社を出せば仕事は当分あるはずだなんていう人もいるけれど、まあそういうビジネス事はもっと大きな会社がやればいいことで、うちのような会社はやはり地元で食べて行くしかないというのが現実だ。


そうなると、いくら市場が縮小しても地元で生き抜くということが究極の目標になる。


逆に地元で食えなくなった企業が場所を変えたとしても成功するとは思わないが。



じゃ、どうしたら生きて行けるのか。



それはまず金儲けと仕事は全く違うということを自覚することだと思う。


ましてやビジネスと仕事も全く違う。


よくビジネスという言葉を気安く口にしている経営者や営業マンがいるが、そんなのがいる企業が長生きしているのを見たことがない。


今は与えられた仕事を有難くやっている、この程度のことだ。


俺は人との繋がりがまた繋がりを呼んで、それによって描かれた道筋に乗っかって生かされている。


だから今はまだ損得なんかを考えるほどの身分ではないと自覚している。


正直、本来の仕事よりもカネにならない仕事の方がはるかに多い。


でも、声をかけて頂いて自分がそれに答えるということを何年も繰り返しているうちに、自然と自分のやるべき仕事が増え、結果的にそれらの繋がりが会社の経営にも活きているということを俺は実感している。



以前、お世話になっている方に「七転び八起き」という言葉を頂いたことがある。


それは、人生が終わる時に差し引きして、たった一つでも良い事があればそれで良いじゃないかという考え方。



幸い俺にはこういった指導をしてくれる先輩方が地元にも沢山いる。


そんな先輩方をガッカリさせるような人間にはなりたくない。


いくら日本が変わっても、いくら経済が悪化したとしても、俺は地元で生きてやる。


ここで生きていくためのヒントはもう体に染み込んでいるはずだ。





スポンサーサイト
13:19 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

悪夢再び。。。

2011033001


去年のゴールデンウィークに味わった悪夢が再び。。。


※去年のブログ → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-349.html


制限速度40キロの気持ちよく長い直線を30キロオーバーで御用。


一発免停です。。。


この道は頻繁に取り締まりをやっているので俺も自覚をしていた場所なんです。


分かっていたのにも関わらず、寸前まで気を付けていたのに、、、


ここ数日の寝不足が祟ってボーっとした瞬間にこの様です。。。



そういえば去年高速道で捕まった時もボーっと走ってて34キロオーバーだったんだ。
(ちなみに高速は35キロ以上で免停)


2008110101


乗ってる人は分かると思いますが、プリウスってモーター独特のトルクがあるので知らぬ間にスピードが出てしまいます!



今回は日中時間に余裕があったので、昼飯につけ麺を食べるためだけに県境まで超えて遥々大好きなラーメン屋まで向かっている途中の出来事。


こんなんだったらいつも通り近所のコンビニのパンで済ませておけば良かった。。。



ちなみに罰金は5万から6万になるそうな。。。


だいたい前回高速で捕まった時は34キロオーバーで罰金2万5千円だったのに、下道だとなんで30キロオーバーで5万以上なんだよ!!



生まれて初めてです、つけ麺に5万以上払うなんて。。。



この反則金を震災の義援金に回してもらえないだろうか。。。


そうだ!義援金に回せよ!!義援金にぃ~!!!





16:28 | プリウス | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気晴らしに。



大地震以来気分は憂鬱。


連日流れてくる災害および原発関連の報道。


俺は気になるニュースがあるとネットで必要以上に調べてしまうので、今回の地震や原発の状況も調べれば調べるほど危機感に襲われている自分がいる。


とくにネットは様々な情報が飛び交っているので、悪い情報ばかりに目を奪われてしまうとどんどん気が滅入ってしまう。



そこで地震以来控えていたけれど、気晴らしに先日納車されたエスプリで軽くドライブして来ました。


エスプリに乗るのは納車のとき以来2度目。


気になるエスプリの調子ですが、既に、というか納車の日から若干の課題を抱えているものの、肝心な動力、駆動系統は現時点では絶好調です。


2011032601


向かったのは家から約30分ほど、北関東自動車道、波志江PA(スマートIC)近くの駐車場。


ここに来るのは初めて。


先日知り合ったコルベット乗りAさんのブログに「波志江に行く。」と書いてあったので寄ってみました。


2011032602


現地にはAさんのコルベットとS2000、そして俺の後にエリーゼが登場。


短い時間だったけれど、いい気分転換になりました。




被災地の人々の苦労や悲しみはもちろん重く受け止めているつもりけど、なんといっても毎日流れてくる原発関連の不吉な情報が自分をどんどん悲観的な考えへと誘ってしまっている。


被災地への配慮も当然だけど、その前に自分をしっかりとコントロールしなければ。


ネガティブなネタばかり書いていたら何のためにブログをやってるのか分からない。


俺がブログをやっている一番の目的は、自分を常に前向きにさせるためにやってるんだった。



そろそろ車ネタも小出ししていきます。




15:53 | エスプリS2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本のメルトダウン


今日はお世話になっている社長のお母さんの葬儀だった。


複数の会社を持つグループの社長なので、本来ならば大規模な葬儀を執り行うのが普通だけど、今はまだ大震災の後だけに、公表はせず極力家族葬に近い形でひっそりと行われた。


こんな場面にも震災の影響が出るとは思わなかった。




それはそうと原発ヤバそうだな。。。


そもそも現在作業員が命がけで行っている復旧作業。


燃料棒の冷却に必死になってるわけだけど、それが安定したところで、その先更にどれだけの時間と労力を要せば安泰になるんだ?


原発周辺に人が住める環境が戻るのは、少なくても5年や10年では利かないんだろう?


っていうか、今日「3号機原子炉が損傷の可能性」なんてニュースが流れたけど、これが本当なら被害は東日本どころか日本の半分以上が危険領域になるんじゃないか??


管バカ総理がこのところテレビの画面に出てくる回数が減ったと思ってたら、なんかテンパって情緒不安定になってるらしいという情報も出てるし、だいたい震災からの政府の対応は全くといって機能してない。



これはもう原発どころか日本のメルトダウンが始まってるって覚悟した方がいい。



何れにせよこれから日本には想像も付かない大変化が起きる。


環境が破壊し、経済が破壊、生活が破壊し人間が破壊される。


それを食い止めるためには、今の政府に変わって、もしかしたらアメリカを筆頭に他国が介入することだって有り得るんじゃないか?



とにかく、これから日本が地獄の底辺をさまよう時代が長く続くだろう。



これはもう腹をくくるしかないのか。。。




16:25 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エスプリS2納車

2011031901



エスプリS2が納車されました。


ただ今はその納車を喜べるような気分でもないし、大地震による被災地はもちろん日本そのものが危機的状況にあるということを重く考え、今回はその報告だけとします。



09:58 | エスプリS2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

自転車通勤再開

2011031401


未だ余震が収まらず予断の許さない日々が続いている。


いったい、いつになったら安心して過せる生活が戻ってくるのか。



地震の影響で町中のガソリンスタンドが売り切れ状態。


少しでもガソリンを節約しようと思い、倉庫の奥からルイガノを復活。


実に2年ぶりの自転車通勤を再開させた。



2011031402


これは先祖が眠るお寺の状況。


お寺の屋根は瓦が崩れ落ち、大きな石灯篭があちこちで倒れていた。


2011031403


これはうちの墓の状況。


墓石自体に主だった損傷はなかったけれど石灯篭が倒れて破損していた。



ここ太田は被害が少なかったとはいえ被災地には変わりない。


今日になって茨城県沖と新潟中越で頻繁に余震が続いているけれど、ここ太田市はその2ヶ所の中間辺りにあるということを忘れてはいけない。


まあ、中間だから被害が少ないのかどうか、専門家でないので分からないけれど。


とにかく早く落ち着いてほしいものだ。





17:29 | ルイガノ(LGS-SIX) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一安心


数分前に前回のブログをUPした後、再度何度も繰り返し仙台の友人に電話をかけた。



そしたらなんと繋がった!!



聞けばすごく大変だったらしいけれど、なんとか無事らしい。


とにかく良かった!!!



彼は現在仙台市でも海から約10キロ程度内陸に入った泉区に住んでるとのこと。


マンションの10階なので地震の揺れは相当なものだったらしいが、何とか難は逃れたと話した。


しかしながら彼の住んでいる町でもライフラインは全て遮断されていて、電気、水、ガス、全てにおいて復旧のメドが立っていないというのが現状とのこと。


電気の復旧の見通しが一番早いとの情報だけど、それでも3週間ほどかかるらしい。



10階の窓からは地震や津波で被害を受けて立ち上る黒い煙がいくつも見えるそうだ。



俺が、「長話すると大事な携帯の電源がなくなるからもう切るよ。」と言うと、「携帯の充電は車のエンジンをかけて取ってるから今は大丈夫。」と話した。


だいたい電話自体が繋がらないというのが現状で、俺が繋がったのは奇跡に近いらしく彼としては相当嬉しかったらしい。



全てのライフラインが遮断しているという状態で、今何が欲しいかと聞くと、


彼は水とカセットコンロ用のガスが欲しいと答えた。


泉区の現状は食べ物はあるし寝る所もある。


しかし水と暖が取れないのが辛いとのこと。


地域住民はカセットコンロで暖かい食事を作って体を温めているというのが状況らしい。



今は「頑張ってくれ!」としか言えないのが辛かったけれど、とにかく無事で元気で安心した。



彼をはじめとする被災地に対して何か手助けが出来ないものかと思うばかりだ。



もうこれ以上地震は起きないでくれ。




14:04 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

被災地頑張れ!!

2011031305


穏やかで暖かい日曜日だというのに全く気分が晴れない。


地震から2日が経ち、徐々に新しい映像がテレビやネットで流れるようになってきた。


2011031302


画面を通してだけど、この惨劇を目の当たりにした俺は恐怖で泣きそうになった。


生まれて初めてだろう、絶望という恐怖を抱いたのは。


2011031301


町全体が跡形もなく全滅するなんて、まさか自分の国で起こるとは思ってもいなかった。


2011031304


じつは学生の頃の友人が仙台市にいる。


もう10年近く会ってはいないけれど、それでも何年かに1度は電話で話をしている。


大変な時だと十分承知の上で彼の携帯に電話をかけた。


しかし何度かけても不通。


仙台といっても彼の住んでる所は比較的被害の少ない青葉区のはず。



どうにか無事でいてほしい。






12:58 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東日本巨大地震

2011031101


2011年3月11日、午後2時46分。


三陸沖を震源とするM8.8という国内観測史上最大の地震が東日本を襲った。



その瞬間、おれは会社2階にある自分の部屋で仕事をしていた。


生まれて初めて経験するとてつもない横揺れの最中、真っ先に思い浮かんだのが、先日のニュージーランド地震で崩壊したCTVビルディングだった。


とにかく初めて体験する大地震。


2004年の新潟中越地震の時もここ太田はかなり揺れたけれど、今回の揺れはあの時の比じゃない。



「死」が頭をよぎった瞬間だった。



2011031102


無造作に積み上げていた書類や荷物は崩れ落ち、窓から周囲を見渡すと古い家屋の瓦が崩れ落ちていた。



一番被害が大きかった宮城県をはじめとする東北地方に比べたら、ここ太田の揺れは大したことはなかったけれど、それでも街のライフラインは確実に被害を受けていた。


街のあちこちで水道本管の破裂や宅内配管の破損などの情報が次々を舞い込んできた。


その後、俺は水道局の対策本部へ直行。


市との災害協定を結んでいる関係で、関係業者は社員総出でその修繕にあたった。



そして一夜明けて、今は社内でその後の支持を待っている。


ここ太田市の最大震度は5弱~5強。


街を見渡して目立つのは瓦と外壁の崩壊くらいだけど、地中に埋まっている上下水道や電気も大きな被害を受けている。


この街も確実に被災しているんだと思い知らされた。



夜明け前には、今度は新潟、長野で震度6


事の大きさ、今後の行方を想像すると恐怖を覚える。


テレビでは繰り返し東北地方の惨劇を流してる。


所構わず飲み込む大津波、逃げ惑う人々を映像で見た時、たまらず泣きそうになった。


めちゃくちゃ怖くなった。


東京も機能を失っているし、ベイエリアなどの埋立地は完全に地盤が緩んでしまっている。


どうなってしまうんだ、日本。




09:03 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

38歳の誕生日


今日から38歳。


しかし毎回思うけど、歳追う毎に1年ってあっという間だな。。。



さて今振り返って、俺の37歳はどんな人生だったんだろうか?


ちなみに1年前の誕生日にはこんなことを言っている。


「37歳では立ち位置、目線も変えていかなければならない。」

「常に成長するためには自ら環境を変える必要もある。」

「この歳を怠けたら俺は絶対に生き残れないだろう。」


去年のブログ → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-330.html


この1年間、果たして自分の言っていたことに応えることができたのだろうか?



とりあえず、この1年もずいぶん環境が変わったとは実感している。



自分自身の考え方の一つとして、「環境を変化させ続けなければ自分の成長はない。」というのがある。


とくに俺は職人でもなければ技術者でもないし、何か芸を持っているわけでもないので、毎日同じ日々が続くとそれだけで将来が不安になってしまう。


与えられた物事だけをこなす日々が続けば続くほど、それが順調になればなるほど、それに依存してしまう自分ができてしまう。


自分にとって一番怖いのが「依存症」だ。


私生活でも仕事でも何かに依存してしまったら、そこで自分の成長は止まる。



じゃ、それを防ぐためにはどうしたらいいのか?



それは、その時代、その年齢にあった生き方を模索しながら毎日を過す。


そうすれば自ずと自分がその時にとるべき行動が見えてくるはずだ。


そして必ず行動に移す。



その考え方のお陰なのかは分からないけれど、幸い俺のこれまでの人生、とくに今の会社に入って十数年間「つまらない」という言葉は頭に浮かんだことがない。


まあ、不器用な分ずいぶんと遠回りをしてるなぁという感じもあるけれど、とにかく暇な時間がないというのが有難い。



37歳の去年は、今までの人の繋がりが更に倍に増えた年だった。


だからと言って、自分がどれだけ成長できたかは、正直まったく分からない。


もしかしたら全然成長していないかもしれないけど、とにかく37歳を生きた証だけは残せたと思う。




では、38歳はどんな年にするべきか。。。


最近、仕事はもちろん、いろんな会への参加や付き合いなどが倍増し、若干テンパリ気味になってるというのが本音のところ。。。


だから今年はスケジュール管理に重点を置こうと思っている。


今年は一層忙しくなるので、時間の使い方をもっと勉強しなければ次第に俺はアップアップになり、そして待っているのは「鬱(うつ)」の二文字だろう。



先輩にも度々こんなことを言われる。


「お前はバカだから言われたことを全部引き受けようとする。」

「断る時は断ること。」

「上手~く調整しながらやっていかなきゃ、そのうち自分を滅ぼすぞ!」


まあ単純に、上手く断るボキャブラリーを身に着けていないだけなんだけど。。。



ちょっと今年は、自分よりもはるかに忙しい社長をはじめとする諸先輩方の「時間の使い方」というものを学んで自己管理を徹底しようと思う。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
00:00 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

3月度ダムサンデー



風もなく気持ちよく晴れた日曜日。


こんな良い日にZに乗らないわけにはいかない!


といっても行く宛てがないので、とりあえずダム会場を目指します。。。



しかしこの日は第一日曜日。


最近の第一のイメージはこんな感じ↓

2010120502

↑これは去年12月の第一日曜日の様子。


最近の第一は寂れてしまったイメージが。。。



まあ、誰もいなくてもいいや、気持ちよくドライブできれば♪


という感じで、あまり期待を持たず会場へ行ってみると。。。



2011030602


思ってたより集まっていました。


というか全くいないと思っていたのでちょっと嬉しかった!


2011030604


今回初めてお話させて頂いたAさんの鮮やかなブルーのコルベットZ06。


Aさんはルノースポール・スパイダーもお持ちで、その存在は前々から十分存じ上げてはいたものの、なかなかお話する機会がないまま年月が過ぎ。。。


しかし有難いことに今回Aさんの方から声をかけて頂きました。


2011030603


それからエスプリの方からもお声をかけて頂きました。


さすがエスプリ乗り、俺がエスプリ買ったのもご存知でした。


今後いろいろと教えて頂けたら幸いです。



なんか第一のイメージは変わったけど、すごく居心地がいいです。


2011030605


間もなくすると赤い車が数台入ってきた。



もしやアレは。。。



2011030606



あの車は!!!



2011030607


288GTO!!!



この288GTO、実はレプリカですが、このレプリカこそが!おれが個人的に最高傑作と位置づけてる憧れの車なんです。


前にも紹介したけど、このGTOはその辺のハリボテとは全く違います!


全く違います!!


2011030608


フェラーリを知る人ならコンソールとハンドルに付いているアレを見ただけで、その凄さを想像できるはずです!


まあ説明をすると長くなるので、詳しくはこちらで

 → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-347.html


2011030609


とにかくこの車は自分にとって夢の車。


それを実際に作ってしまったMさん、尊敬しております!




今回は新たにお話できる方もできたし、来て本当に良かった!!


次の第一はエスプリで来れたらいいなぁ。




ダム会場を後にして次に向かったのは、今年まだ顔を出していなかったZの主治医スピリットガレージさん。


2011030601


ガレージの中にはフルレストア中の綺麗なハコスカが。


細部にわたって新品同様のこのハコスカ。


なんと破格の値段で売り出し中です!


完成は3月中を目指すとのこと。


今ハコスカを購入しようと考えてる人は絶対に買いだと思います!


興味がある方はスピリットガレージさんまで!




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
10:46 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。