スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

本来の日本人の姿。

2010063001


サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会

決勝トーナメント1回戦


日本vsパラグアイ



たぶん最後は極限の疲労の中でのほんの微々たる精神力の差だったのかもしれない。


でも久しぶりに日本国民が熱くなった数日間だった。


彼らに勇気を貰った。


一人ひとりの技術は劣っていたとしても全員サッカーで強国に立ち向かった姿は日本国民のみならず世界中に日本人の底力を見せ付けた4試合だったと思う。



俺は、今回の日本代表チームはまさに本来の日本人の姿だと思った。




話は反れるが、日本人が言う「勝ち組」「負け組」という言葉が囁かれるようになったのは、90年代にグローバリズム、グローバルスタンダードという言葉が目立ち始めてからのこと。


「世界基準を身に付けなければ世界に取り残される。」


これを日本人は誤解し続けてきた。


それはバブル景気で良き時代の日本の姿を忘れ、その後バブル崩壊で何もかもを失っていた時期だったから仕方がなかったのかもしれないが、明らかに当時の日本人は「グローバル」という言葉によって勝手に世界との差を意識付け、焦り、せっかく作り上げてきた日本の強みまでもを脱ぎ捨ててしまったような気がする。


その後の日本はどうなったか。


他国の真似事のように市場を自由化し、ベンチャー企業を必要以上に支援、推奨したお陰で優良企業から優秀な人材が散乱してしまい、更にそこから芽生えた経営者の考え方はこうなった、、、


「勝ち組=金儲け」


組織ではなく一部の人間の悪知恵で動く企業が日本を荒らす結果になってしまったんだ。


勿論、これが全てではないが日本人の気質が揺らいでしまったことは事実だと思う。




日本人が世界と対等に戦うために必要なもの。


それをこのサッカー日本代表が示してくれたような気がする。



日本人として出来ることを尽くす。



気力、体格、技術力で劣っていた日本がとった戦略、それが組織力。


そして見事その姿、サムライ魂を世界に見せ付けた。


まさに毛利の3本の矢の教訓だ。



事実、世界のメディアはこぞって日本代表のことをSAMURAIと表現していたじゃないか。


今だって世界から見る強い日本の象徴は「SAMURAI」なんだと実感した。




今回のサッカー日本代表に習って今の日本が目指すべきこと。


それはまさに強い日本=SAMURAIの姿を印象付けることにある。



世界に対して「日本を甘く見るな。」という強い存在感を植え付けなければならない。


それがグローバルスタンダードに乗っかるってことだ。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

スポンサーサイト
10:29 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

祝!決勝トーナメント進出!


日本代表 決勝トーナメント進出!!



日本vsデンマーク


寝ないで観ていて良かった!



まさかこんなに余裕を持って観られる試合になるとは。

2010062510




2010062501

2010062511

2010062502

2010062503

2010062513

2010062512

2010062509

2010062504

2010062505

2010062506

2010062507

2010062508


とにかく次は決勝トーナメントでの初勝利を願うばかり!!




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

08:40 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

軽井沢の思い出

2010062001

2010062002


用事があって軽井沢に行って来ました。



自分にとってここ軽井沢は車での悲しい事件があった思い出の地。



それは今から約6年前、2004年11月のある日のこと。。。


当時の愛車、850型ボルボエステートで軽井沢のアウトレットへ向かう途中、上信越道の軽井沢インターで料金を支払うため車を停止しした途端、何故かエンジンストール!?


再びエンジンを始動させようとセルを回した次の瞬間、、、


ボン!!!


爆音と共にボンネットの隙間から煙が!!!



なんと極度のオーバーヒートでエンジン即死。。。



たしかに高速道路の長い上り坂を走っている時、アクセルを踏み込んでる割りに思うほどスピードが出ないという違和感を感じてはいたものの、まさかオーバーヒートだったとは。。。


水温計を見ていなかった自分が悪かった。。。



また悲しいことに軽井沢にはボルボディーラーがないため、そこでJAFを呼んでそのまままた高速に乗り、佐久のボルボディーラーまで搬送。


修理をすると80万ほど掛かると言われ、保険が利かず修理代も払えない俺はわざわざ長野まできて愛車を手放すことに。。。(車を捨てに来たようなもの。。。)



1年前に170万で買った中古のボルボをたったの3万円で引き取ってもらい、結局アウトレットに寄ることもなく新幹線で帰宅したという非常に悲しい思い出。



ちなみに原因は、ラジエーターファンの故障だった。




2010062004


そんな悲しい思い出を振り返りながら用事の合間に浅間までドライブ。


2010062003


やっぱり国産車の方が安心です。




12:06 | プリウス | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めての海釣り

2010061701


生まれて初めての海釣りにチャレンジして来ました。


今回は釣り好きの先輩からの誘いで、某青年部を中心に14名が参加。


バスをチャーターして夜中の2時半に太田を出発。


そして茨城県の那珂湊を5時半に出航。


この時点では、これからお昼までの6時間が人生まれにみる辛い時間になるとは思ってもいなかった。。。


っていうか生きた魚を持つこともできない俺が釣りとは、、、


俺なんで参加しちゃったんだろう。。。



2010061702


港を出港後約15分ほどでポイントに到着。


そして初めての海釣りがスタート。


なんと針を落として10秒でヒット!


いきなりアジ1匹とメバル2匹をゲットしてしまった!




と、ここまでは良かった。。。




海釣り開始10分。


だんだん気分が。。。



結局釣りをしたのは最初の10分だけ。


その後は最後まで船酔いと戦ってました。。。



2010061703


当然俺が釣ったのは3匹だけ。



2010061704


この日一番釣った隣りの先輩とは雲泥の差です。





2010061706


陸に戻ってようやく気分も良くなり、〆は船長に紹介してもらった民宿で打ち上げ。


まあ最後に美味しい海鮮丼を食べられたので良しとします。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

11:18 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日本VSカメルーン


ワールドカップサッカー南アフリカ大会


日本の初戦はカメルーン。


いまいち盛り上がりに欠ける今回のワールドカップ、ならびに日本代表。


正直期待感が高まることもないまま初戦をテレビで観戦。


といっても我らが日本代表、しかも初戦でやってくれました!!


一応30歳過ぎてまでサッカーを続けていた自分としては、本田選手がゴールを決めた瞬間、思わず「オシっ!!」って言ってしまった。(「ヨシっ!」って言ったつもり。)


これで自信を付けてもらって、なんとか次のオランダでドロー。


デンマークではなんとか勝利して決勝トーナメントに出場してほしいものだ!



2010061401


ちなみにこのチケットは、日韓ワールドカップの時のドイツVSカメルーンのチケット。


あの時のチケットはインターネットでの販売だったのでゲットするのに苦労した。


なんせインターネット回線が込み合い過ぎて全く繋がらず、5日間徹夜でパソコン画面に向かってクリックし続けてようやく手に入れたチケットだから。



結果、その日本でのワールドカップでは、このドイツVSカメルーンスウェーデンVSアルゼンチンの2試合を観る事ができたんだけど、5日間徹夜でクリックし続けてようやくゲットした2試合、すごく嬉しかったんだけどそのスケジュールがまさかの2日連チャン。。。


しかも1日目は、静岡県掛川市で20:30からドイツVSカメルーンを観戦。


試合終了後、すぐに新幹線で東京まで帰ってきて(AM1:00)上野のカプセルホテルで1泊。


翌日の2日目、朝8時の新幹線で仙台へ向かい、スウェーデンVSアルゼンチンを観戦。


試合終了後は、新幹線でとんぼ返り、その日のうちに帰宅。


翌日から仕事という強行スケジュールだったのが今では懐かしい思い出だ。



とにかく次のオランダ戦も頑張ってほしい!!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

13:16 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

想像していた熱海が。。。

2010061101


東洋のハワイ、熱海に行って来ました。


このアングルから見たらモナコにも見えなくはないここ熱海に泊まるのは実に30年ぶり。


なんでもその30年前に比べて、昔400件ほどあった旅館は、現在たったの40数件しか残ってないのだとか。。。



しかも悲しいかな、近く熱海駅の建替え(駅ビル化)が予定されているらしく、周辺の商店街のほとんどがシャッター通り化、残念ながら期待していた熱海の雰囲気を味わうまでには至らなかったです。



2010061102


それとゴルフ。


西熱海ゴルフコース


山の斜面にある熱海のゴルフ場だから狭いというのは覚悟していたけれど、ここは予想以上でした。。。


唯一期待していたゴルフ場からの眺めも、、、


目の前に広がるのが海で、たぶん矢印の辺が初島のはず、、、


しかし霧だかモヤだかで薄っすらとしか確認できず。。。



それでも今回は去年の11月に一緒に韓国に行った3人組。


その韓国ネタ → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-299.html


この3人、それぞれ30代、40代、50代と世代は違うし性格もバラバラですが何故か仲が良いという自分にとっては貴重な関係。


こうやって仕事抜きで違う世代の先輩とご一緒させて頂けるというのが一番の勉強になります。



10:49 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

後がない菅政権誕生

2010060801


国会で居眠りしていて、気付いたら総理になってました♪



菅さんになって民主党の支持率がVの字回復なんだとか。。。



おれは正直言って、今となってはどこの党が良いのかは分からない。


今までの流れを無視して考えれば、民主党の中ではこの人しか適任者がいないっていうのも分かる。



でもいい加減、本当に、本当にこんなんで良いのか?



旧民主党時代から、菅→鳩→菅→鳩→菅、、、


こんなお粗末な持ち回りを何回繰り返してきたんだよ、この党は。。。



もっと国民が震え立つような、もっと希望を持てるような人材はもう出てこないのだろうか。



民主党の基本理念の最初に、「透明・公平・公正なルールにもとづく社会をめざします。」と書かれている。


これを実現したいなら、こども手当てなんかをばら撒くより先に、これまで自由化という名の下に荒らされてきた社会のしくみを再び制限し、市場価格の安定、技術や品物の価値に見合った相場の回復を図ることをお願いしたい。


国内のほとんどの中小零細企業の体力が限界に達している今日では、自由競争にも程があるということだ。



将来に希望が持てない若者、定職に付かない若者が増えてるのは不景気のせいじゃない。


憧れる職種がないのが一番の理由だろう。


それぞれの職種に見合った格好良さを感じないというのが本音だと思う。


だいいち今となってはスポンサーの減少によってテレビ業界、映画、芸能界だって華やかには見えないのだから日本が終わってるのが良く分かる。



子供の問題で一番大事なのは、出生率もそうだけど、今の子供たちが憧れる将来を作ることにあると思う。


その為に必要なのはカネをばら撒くことじゃなくて、それぞれの業界を守ることだ。


だいいちカネを個人家庭になんかにばら撒いたら、今の親たちが向上心を無くし、教育自体が保守的になる。


その結果、その子供たちも向上心のある人間が育たなくなるということだ。




おれの考え方は時代と逆行してるように聞こえるかもしれないが、今生き残っている企業はバブル崩壊をきっかけに努力と犠牲を払って無駄という無駄を整理してきたんだ。


もうこれ以上の無駄はないだろう。


というよりも、うちのような零細企業にとってこれ以上の効率化を図るということは、身を削るということを意味する。


国民を守る意思があるなら、国民にヤル気を出させるような、生き甲斐を感じられるような社会を作って欲しい。




もしまた政権が短命に終わるようなことがあったら、今度は他国から日本が乗っ取られるような事態になるんじゃないかと思ってるのは俺だけだろうか。。。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

23:59 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

6月度ダムサンデー

2010060603


1ヵ月半ぶりのダムサンデーでGノーズ初お披露目。



この日は「ブログ見てます。」と、いろんな方に声をかけて頂いてちょっとびっくり。


こんなオナニーブログに時間を割いて頂けてるなんてほんと有難う御座います!




2010060602


久しぶりに来た会場で何か怪しげなポールを発見。


これアメダスだそうです。



2010060604

2010060607



この日、天気が良かったわりには台数は50台ほど。



2010060601


そんな中、東京から来たという珍しい1台。


その名も「ロケット」


パイプフレームにヤマハ製のバイク用1000ccエンジンを積んでます。


あのマクラーレンF1を設計したF1マシーン設計者ゴードン・マーレイが手掛けたというイギリスの車だそうです。



2010060605


それにしても第1日曜は相変わらずして華やかな顔ぶれ。


2010060606


これは以前、秘密基地のようなガレージにお邪魔させて頂いたMさんのF40



2010060608


帰りはそのMさんのF40を先頭に、Uさんの911、KAZUさんのディノとつるんで下山。


なんか俺だけ場違いのような。。。



2010060609


途中からはなんとF40とマイZのランデブー走行が実現!!
(帰り道が同じだから俺が勝手に付いて行っただけだけど。)


2010060610


このままずっと走っていたかったなぁ~



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

23:59 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジャイアンツvsファイターズ6/5

2010060501


この日、同業の若手連中と読売ジャイアンツvs北海道日本ハムファイターズの試合を観戦するため東京ドームへ。


向かう途中、前方に派手なステッカーチューンを施した昔懐かしいターセルが1台。


信号で追いついた瞬間、そのリアガラスを見て噴いてしまった!


2010060502


M T 車


この車、MT車だったんだぁ~


「オレのはMT車なんだぜ!」というドライバーの想いがひしひしと伝わって来ました。


それに脇を固めるクロネコとカエルがまたシュールでいい!


久しぶりになかなかのセンスの車を見ることが出来ました。



2010060503


そんなこんなで辿り着いた東京ドーム。


2010060504


土曜日の試合だけあってスタンドは超満員!


2010060505



毎回のことだけど、野球を観に来て欠かせないのがビール。


試合が進むに連れて飲み干したビールの紙コップが重なっていきます。


そして毎回のことだけど、そうなると試合はほとんど観ず宴会状態に。。。


2010060506


気が付いたらジャイアンツの勝利で終わってました。。。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

08:19 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鳩は巣箱に帰りました。


2010051001


今回の鳩山総理の辞任劇。


意外だったのは、思っていたより早い幕引きだったということだ。


おれは、鳩山さんは最低でも1年以上は総理の椅子にしがみ付くものかと思っていた。


それは小泉内閣以降の安部、福田、麻生内閣がほぼ1年もったのに対して、劇的な政権交代を実現して圧倒的な支持率の元でスタートした新内閣が1年どころか、たった8ヶ月で崩壊するということは、選挙で民主党へ投票した国民に対する裏切りでもあるし、何よりあの由緒ある鳩山家がそんな面汚しを許すわけがないと思っていたからだ。


結局、鳩山総理という人は何も出来ないまま終わってしまった。


口先だけで国民に媚を売り、会う人会う人にイエスマンだったら、そりゃ一瞬は人気も出るだろうけれど、そうやって山積みにした約束事を限りある中で工面するということが出来なければ、それは高配当を餌にして資金を集める悪徳商法と一緒だ。



去年の総選挙、おれは民主党には入れなかった。


財政が悪く、景気も悪い時に政権が交代しても良いことはないからだ。


政権交代が起こるということは国がガラッと変わってしまうということ。


二大政党制で頻繁に政権交代がされている国なら、まだギャップは小さく国民も慣れてるだろうけれど、今回の日本の政権交代はリスクが大き過ぎた。


たしかに立派な目標は掲げてはいたけど、彼らがその目標を実現するために要する時間は1年や2年でできるものじゃない。


今大事なのは外交、経済共に弱い今の日本を一刻も早く建て直すこと。


だが、これまでの形をぶっ壊して建て直すという過程には必ずタイムラグが生じる。


そのタイムラグに今まさにドップリ浸かっている状態だ。


改革なるものを実行しようとするなら、それによって日本にどれほどの損害を与えるのかということも考えなければ、日本は建て直る前に力尽きてしまう危険性だってある。



だいたい俺は「クリーンな政治」なんてものは求めてはいない。


どんなにえげつない方法を取ってでも、強い日本というのを世界に植え付けなければ、この小さな島国は必ず滅びる。



なんだったらロシアのプーチンあたりを3年契約、年俸10億くらいで日本の総理として招いた方が効果があるんじゃないか。



11:02 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

清津峡

2010053001


新潟からの帰り道、日本三大渓谷のひとつ 清津峡(きよつきょう)に立ち寄って来ました。


2010053002


ここは信濃川の支流である清津川が形成した峡谷。


2010053003


渓谷を眺めるためにはこの清津峡渓谷トンネルの中をひたすら歩きます。


2010053005


歩きます。。。


2010053004


ひたすら歩きます。。。


聞いたらこのトンネル、750mもあるんだそうです。。。


しかも往きは上り坂。


2010053008


トンネルの途中に数ヶ所ある展望場所。


岩肌がすごいです。


どうやって作ったのか、昔の人はスゴイなと思いました。


2010053009



そしてこの750mのトンネルを歩ききった者だけが拝むことができる一番の絶景スポットがこの場所。



2010053010


たしかに絶景!


どうやってこんなの作ったんだろう。




2010053011


おまけにトンネルの中にはちょっとした美術館もあります。


2010053012

2010053013


よく説明を読まなかったので分からないけれど、なんか炭みたいなモノで作った展示品が暗いトンネルの中に並べられています。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

06:06 | 旅行 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。