スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

初めての卓話


昨日、ロータリークラブの例会で初めて卓話というものを経験させてもらった。

「卓話」というのは一種の講演のこと。


与えられた時間は約15分。

この15分という時間、俺にとっては短いようで非常に長い。

人前で講演をすること自体初めての俺にとっては、どれほど話せば15分という時間をクリアできるのかが全く想像できなくて悩んだ。


テーマは自由。

幸い話のネタはこのブログのお陰で蓄えはあるけれど、問題はその15分という時間枠でどういった構成にするのか。。。


なんせ生まれて初めての講演。

しかもリスナーは年齢も経験も大先輩の方々ばかり。

こんな状況では本番の時は確実に頭の中が真っ白になってしまうだろう。



そこで卓話前日。

2010022701

A4用紙3枚分の資料、というかカンニングペーパーを作成。

それでもこれで15分をクリアできるかというと不安。。。



卓話当日。

例会が始まり、最後に俺の出番がやってきた。

俺は三枚の資料を手元に置いて卓話開始。


今回用意した内容は次のとおり。

1、笑福亭鶴瓶の師匠の話 
  ※参考資料→「師弟愛

2、社会人になってから今に至るまでの考え方の変化

3、現在の業界に身を置いて学んだこと
  ※参考資料→「先代の話」、「出会い

4、今後の自分のあり方について
  ※参考資料→「何のために生きるのか


やっぱり時間配分は難しかった。。。

結局終わってみれば、話ができたのは上の番号でいうと3番まで。

3枚用意した資料の内1枚目の内容しか話すことができなかった。。。


15分という時間。

短いようで長い、ようで短かった。。。



それにしても今回のような体験はいい勉強になった。

人前に立って声を張り、自分の考えを聞いて頂くということはとても大事だと思う。

今後いろいろな場面でこういった経験はしていくと思うし、話術ももっと勉強しなければ。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

スポンサーサイト
19:09 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2月度 ダムサンデー・クラシック

2010022101


2月度 ダムサンデー・クラシック

最近雪に見舞われてなかなか来ることができなかった草木ダム湖畔。

この日は風、雲もなく最高のドライブ日和でした。


2010022107


今回はクラブメンバーが新たに購入したアルファのダム初披露。

2010022102

ジュリアスパイダー1600

2010022103

色は赤というより朱色といった感じ。

2010022104

ほぼ同じボディでジュリエッタ・スパイダーという車がありますが、この違いは年式(1963年を境)と排気量とのこと。


他にも台数は60台ほどと若干少なめではあったものの貴重な車が集まりました。

2010022105

2010022106

2010022109

2010022108



ここでお知らせ。

2010022110

2010022111

早くも毎年恒例、クラシックカー・フェスティバル in 桐生の開催日が決定!

今年の開催は、11月7日(日)

場所は例年通り群馬大学工学部・桐生キャンパス




最後におまけ。

2010022112

クラシックではないけれど、これも初お目見えの430スパイダー

屋根の開閉をコマ撮りしようと思ってカメラを構えたけど、あっという間で1枚しか撮れませんでした。。。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

09:00 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

会津若松

2010021901


雪の会津若松。

目的は2ヶ所。


2010021902


まずは会津藩の藩校、「日新館

白虎隊の学び舎としても有名な日本最初の稽古堂。


2010021903

2010021904

2010021905


ここで生まれて初めて座禅を体験。




2010021906


そしてもう一ヶ所。

末廣嘉永蔵(すえひろ・かえいぐら)

世界最大のワインコンテストでの金賞(SAKE部門)をはじめ、数々の品評会で賞を受賞している末廣酒造

2010021908


90年の歴史を持つ酒蔵や蔵座敷(木造3階建の住居)は一歩踏み込むなり一瞬にして昔にタイムスリップしたかのような匂いに包まれます。

ここで日本酒を購入するというのはもちろんですが、訪れた理由はもう一つ。

それは、ここは野口英世ゆかりの場所だということ。

※野口英世と末廣酒蔵(新城家)は深い繋がりがるらしい。


蔵座敷には野口英世をはじめ幕末の貴重な資料などが多く展示してあって、そこで新城家の方自ら野口英世の生い立ち、どんな環境で、どんな人達に支えられ、どんな想いでその人生を貫いたのかという話を聞く事ができたのは有難かったです。

そして野口英世の成功の根本的な理由、それはやはり「人と人との繋がり」でした。


野口英世について → Wikipedia



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

19:12 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヤノッチ


先日、1年ぶりに前橋の友達ヤノッチと飲んできた。

彼は前橋に本社を置く同業者の営業担当で社内では中堅に位置する人間。

まあ同業といっても彼の会社はうちの数十倍の規模をもつ会社。

なのでほとんど仕事で絡むことがない。

そういった理由があってか、あくまで仕事繋がりではあるものの、限りなくプライベートに近い良い関係が成り立っている。


彼と仲良くなったのは6、7年前に組合の旅行で行った仙台で意気投合したのがきっかけ。

それ以来、仕事に対するスタンスは違うものの、個人的な価値観や雰囲気を共有できる相手として仲良くさせてもらっている。


しかし最近は電話では小まめに連絡を取っていたものの、実際に会って酒を飲もうと予定を立てようとしても、お互いの都合が合わぬまま気が付いたら1年が経ってしまった。


やっと実現した今回は俺が前橋へ出向くことに。

向こうでは彼が安いホテルを取ってくれていたので帰りの代行代金も気にすることなく準備は万端。
(前橋から太田の自宅までだと軽く1万5千円)

ちなみに今回泊ったホテルは新前橋駅近くのビジネスホテル「ロングサンドホテル」

その宿泊代金なんと¥2,980-!!(1泊2日夕朝食なし、駐車場無料)



今回、当初前橋で飲むはずが高崎に変更。

そこで新たにもう一人、これまた同業の萩ちゃんが加わった。

彼もまた輪を掛けてデカイ会社の営業担当。

萩ちゃんとこうやって飲むのは初めてだ。


そうなると話題の中心は業界の話し。

彼らは同年代とはいえいわゆる大手の営業マン。

小さな会社で経営寄りの考え方を持つ俺とはまた随分と仕事や業界に対する考え方が違う。


でも、そういった別角度からの意見や情報を聞いたり議論できたという点ではすごく勉強になった貴重な時間だったと思う。


また次はいつこういった時間を持てるか分からないけれど、この関係は大切にしたいと思っている。


ヤノッチ、萩ちゃん、今度は太田でね。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

11:49 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

励ましメール。


今日、PCにある方から励ましのメールが届いた。


すごく嬉しかった。


その方はある会社の社長。

そのメールには、社長の今までの経験に基づいた考え方や有難い励ましの言葉が綴られていて大変勉強になったし嬉しかった。

また自分を見て下さっている人がいると思ったらすごく勇気も沸いてきた。


中でも共感したのは社長の座右の銘。

「七転び八起き」

人生が終わる時に差し引き、たった一つでも良い事があればそれで良いという考え方。


人生はエキサイティングじゃなきゃ面白くない。

それはギャンブルをしろということではなくて、1度の人生を思いっきり生きるということ。


自分が正しいと思ったことに全力に取り組む。

もしそれが失敗したとしても、また這い上がってくればいい。


浮き沈みがあって当然の人生。

そうやって腹を括っていれば少なくとも飢え死にすることはないだろう。



ある人はこんなことを言っている。

「失敗先発部隊」

「失敗の数が多くなればなるほど、成功した時の話がドラマチックになる。」




とにかく俺にはあと40年くらいは時間が残っているはずだ。

その長い年月を常に平穏で生きられるワケがないんだから、逆にこれから襲い掛かるだろう試練を喜んで受け入れようじゃないか。


社長、メールありがとう御座いました!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


16:55 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サイパン終了

2010013308


楽しかったサイパンもこれが最後の夜。

ここへ来て初めて、今回の旅行メンバー16名全員揃っての夕食です。


2010013303

2010013302


とにかくみんな日頃のうっ憤を晴らすべく連日連夜とても元気でした。

俺ぐらいだよ、夜10時にベットに入ってたのは。。。



最後に、、、

今回のブログ記事に対して誰だか分からないけど、「こんな不景気に旅行なんて、、、」みたいなコメントを書き込んでくれた人がいました。
(そのコメントは読んだ瞬間カチンと来たので削除させて頂きました。)


不景気だから何なん?

不景気だと旅行しちゃダメなのか?

不景気なんだからカネを使わず家でじっとしてろってことなのかな?

それとも不景気なんだから遊ぶ暇があったら働けってことなのか。。。?


分からないけど一つだけ言えることは、、、

このコメントを書き込んだ人はいつも「不景気だから、、、」って言い訳してる人なんでしょう。



不景気だからこそ、仕事はもちろん遊びでも何でも、自分で価値があると判断したことには積極的にカネを使う。

それができなければ自分の成長は見込めない。


俺はそういう考え方なんです。


もちろん今回の旅行にも自分にプラスとなるものがあると判断したので参加しました。

そしてそこで見たもの感じたものが確実に自分の考え方にヒントを与えてくれました。



2010013306
↑帰りの飛行機から見た夕暮れ。


まあとにかく、みんな無事に帰って来れて良かったです。


また10年後も同じメンバーでバカ騒ぎができるよう何が何でも生き残ろうぜ!!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

06:45 | 旅行 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サイパン3日目~島北部で見たもの~


2010013201

今回の旅行で一番来たかった場所。


バンザイクリフ


字の如く、太平洋戦争の時、アメリカ軍に追い詰められた民間人を含んだ日本人が投降勧告や説得に応じず「天皇陛下、万歳」と叫びながら自決した崖。


2010013203

2010013202


ここを訪れたのも10年ぶり。

改めて感慨深いものが込み上げてきた。


この崖から身を投じた日本人の数は1万人。

80m下のこの真っ青で美しい大海が血で真っ赤に染まったという。


その瞬間、彼ら日本人は何を想い、願って身を投じたのか。

今の俺たちには彼らの本当の気持ちを理解することは難しいのかもしれないけれど、この崖と慰霊碑を目の前にした時、自然と手を併せる自分がいた。


2010013204


またこの供養碑の奥にそびえ立つ山。


2010013205


スーサイドクリフ


これも字の如く、スーサイド(suicide)、「自殺の崖」という意味。


2010013209


この崖の天辺から見渡す景色は正しく絶景。


でも奥に見える海岸線にはさっき紹介したバンザイクリフが広がる。


この崖からも何人もの日本人が身を投じたという事実がある限り、ここから見る景色を笑顔で眺める余裕は俺たち日本人にはなかった。


2010013210


2010013206


そのスーサイドクリフの麓にあるのが日本軍最後の司令塔跡。


そこには大砲や魚雷、戦車などの残骸が残されたまま。


2010013207


大砲の奥に見える岩肌の中が軍の司令室跡。


2010013208


中は分厚いコンクリートに覆われているもののその損傷は激しく、その戦闘の爪跡が俺たちに当時の壮絶さを教えてくれた。



日本が経験した戦争が正しかったかどうかの議論は別として、今回この場所を訪れて改めて思ったこと。


それは紛れもなく純粋な日本人の命が沢山消えていったということだった。

当時の日本での教えに習い忠誠を誓う。

それでも中にはそれを違うと思っていた人達もいたはず。

当然いろんな考え方を持つ日本人がいたはずだけど、はっきり言えることは、


現在の俺たちなんかより純粋で真っ直ぐな人たちがそこにいたということだ。


そんな日本人の命が犠牲になったということを激しく悲しく思った。



終戦から65年。

歴史のバイオリズムという観点からみて、生まれた時から厳しい時代を1日も経験しないで人生を終えることができるラッキーな日本人はどれ程いるんだろうか。

このまま平和な時代がどれ程続くのかと考えてしまった。


俺たちは戦後の高度成長期に生まれ何不自由なく育ってきた世代だけど、もしかしたら近い未来に生死を分けるような時代に巻き込まれるかもしれない。


不景気だなんていうレベルではなく、もっと深刻な時代がもう目と鼻の先まで迫ってきているんじゃないか。


そんなことまでが頭を過ぎってしまった。



06:07 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サイパン3日目~マニャガハ島編~

2010013101


サイパンを満喫できるのは、実質この日が最後。

なので体の疲れも無理矢理どこかに追いやってこの日も頑張って動き回ります。



そして朝から船に揺られること約15分。

2010013102

2010013103

2010013104


マニャガハ島に到着。


午前中はこの島で過ごします。


2010013105


戦争当時の面影も残りつつ、現在は多くの観光客が足を運ぶ絶好の観光スポット。


2010013107

この日目立っていたのは中国人観光客の多さ。

次いで韓国人。

民族性の違いなのか、声の大きさに差があるのかもしれないけれど聞こえてくるのは中国語と韓国語ばかり。

もちろん日本人もいたけれど、日本語があまり聞こえてこないという違和感が。。。


「どうしちゃったんだ日本人!!」


正直言って悲しいというか、ある種の危機感を抱きざるを得なかったです。


2010013106


まあそれはさて置き、ここマニャガハ島のビーチは本当に綺麗です。

ホテル前のビーチも綺麗だけど、ちょっと比較になりません。


2010013108

ここで一つアトラクションをチョイス。

ボートで沖まで出てチャレンジしたのは、、、


2010013110


定番バナナボート!!


2010013109

アラフォー男子が年甲斐もなく大はしゃぎ。


今回乗ったバナナボートは普通のよりちょっと乱暴なやつなので迫力があります!

ちなみに海に振り落とされた瞬間、後ろにいた上野氏の頭が俺の後頭部を一撃必殺!!

「ああ俺はこのまま気を失って海に沈んでいくんだろうなぁ。」と一瞬死を覚悟しました。
(まあライフジャケット着てるから沈むことはないけど。)


2010013117

2010013116


あとはみんなで島を一周散歩したり海を泳いだり。

ちなみにマニャガハ島は歩いて15分くらいで1周できちゃいます。



今回海に入る時に重宝したのがこのカメラ↓

2010013112

カメラというか普段使ってる携帯電話。

auの防水携帯 Sportio water beat

説明書には「海水には浸けないで下さい。」とは書いてあるけれど、今回持って来たカメラは水厳禁のGX200だし↓

2010013111


それに、このSportioの普段での使い勝手の極悪さ嫌気をさしていて、すでに次の携帯を予約しているというのもあったので、壊れるのを覚悟で思いっきり海中で写真を撮りまくりました。


2010013113

2010013114

2010013115

まずまずの写りです。

幸い携帯も壊れませんでした。


2010013118



14時の船でマニャガハ島とはお別れ。

この後、15時からのアトラクションへと急ぎます。


つづく。。。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

06:03 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サイパン2日目

2010013001

サイパン2日目。

この日はまだ夜も明けない早朝5時半に起床。

ベランダから見えた月がすごく綺麗だったので思わずシャッター。


そして向かった先は、、、


2010013003


LAOLAOBAY Golf & Resort
(ラオラオベイ ゴルフ&リゾート)


2010013002


今回ラウンドしたコースは海岸沿いの絶景を楽しめるイーストコース。

値段はウエストコースに比べて若干高めの$210。

今回はマイクラブも持参してのラウンド。

気合が入ります!


がっ!!


前半は48とまずまずのスコア。

しかし後半早々の10ホール目に突然のシャンク発病!!

今までもほとんど出たことのないシャンク病がこんな最高のステージで出てしまった。


結局終わってみれば後半は戦意消失でスコアボロボロの64。。。

わざわざ日本からクラブを持参した意味がなかった。。。


2010013004


まあでも最高のロケーションでゴルフができたのは気持ちよかったです。




2010013005


ゴルフから戻った後はホテル前のビーチでのんびり&マリンスポーツ。


2010013010


写真はないけど生まれて初めてジェットスキーにもチャレンジ。

お陰でこの日、ボロボロのゴルフと慣れないジェットスキーで肉体の悲鳴は一気に加速!


にも関わらず遊びます!

せっかく南国まで来たんだから遊びに徹します!!


2010013006

久しぶりのビリヤードでは、4人でナインボールに挑戦するも1戦を終えるのに30分も掛かるというド下手ぶりを発揮。

脇で見ていた韓国人の女性に笑われてました。


2010013007

この日の夕食はみんなでシーフード。


夜になって肉体の悲鳴は最高潮。

全身筋肉痛で歩くことも儘ならないほどになっていたので、この日はオイルマッサージをしてからホテルに帰宅。


3日目もさらに動き回ります。


つづく。。。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

06:13 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

10年ぶりのサイパン

2010012901

2010012903

2010012902

2010012904


10年ぶりのサイパン


組合青年部10周年を記念して実現した今回の海外3泊4日の旅。

数少ない青年部発足メンバーの一人として俺も参加して来ました。



それはそうと、、、


ここサイパン、、、


2010012906

2010012912


人がいない!!


2010012907


夜も同じ!!


だから余計なのか、外を歩いているとマッサージやカラオケを始めとする商店の客引きがめちゃくちゃしつこい!


去年の5月に行ったグアムも同じだったけど、ここサイパンも日本人相手の商売がほとんど。

周りを見渡すと中国人や韓国人の観光客も多く見受けられたけど、彼らはあまり町には出かけない様子。

どうやら繁華街の景気は日本の景気に大きく左右されているようでした。




2010012905

今回滞在したのは、繁華街とビーチに面した立地の良いホテル。


FIESTA RESORT&SPA SAIPAN
(フィエスタ リゾート&スパ サイパン)


2010012910

7階の部屋から見える景色は最高です。

2010012911

夜はこんな感じ。




2010012908


初日の夕食はとりあえず「肉」

ということで入った店は、ステーキが美味しいと評判の店。


カントリーハウス レストラン


ここで仲間が頼んだステーキがこれ↓

2010012909


500gステーキ!!


2010012915

俺はそんな量は食べられないので、普通に220gを注文。


ここのステーキはオススメですよ。



2010012913


とりあえず始まったオヤジ16人の旅。


年齢を無視して自ら体を酷使する旅の始まりです。


2010012914



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

15:31 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。