スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ガレージ計画(カーポート完成)


施工前↓
2009041101

施工後↓
2009052702

これまで現場調査業者選定と進めてきて、ついに現地に合ったカーポートが設置されました。

2009052704

当初、箱モノのガレージを検討してみたけど現地寸法の関係でやむなくカーポートへ変更。

ただし知り合いのガレージ業者のお陰で限られた予算で雨風が入り難いよう家屋やブロック塀を利用したジャストサイズのカーポートを造ってもらいました。

2009052703

ブロック塀とカーポート屋根との隙間は雨が降り注がないようにポリカーボネート製の板を貼って対応。 

2009052706

隣接する既設カーポートとの隙間は水切りを設置したので雨漏りの心配も回避。

屋根内側表面には保温材が貼ってあるので結露の心配もありません。


あとは地面に土間コンクリートを打てば、とりあえずの完成。

梅雨に入る前にはどうにかマイS30Zを非難させることができそうです。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト
17:41 | ガレージ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めての中国(観光編)


2009052513

今回行った杭州西湖という1周15km、水深2mの湖を中心として、周囲にいろいろな観光地が点在する場所。

2009052514

今回の中国旅行は食事が合わなかったりと俺にとっては辛い経験だったけれど、中国の古い歴史に触れることが出来たことについては良かったと思ってる。


2009052507

↑空港から杭州市街地へ向かう途中に広がる農村地帯。

なんでもこの辺の農民は結構裕福なのだという。

奥に建ち並ぶ3階もしくは4階のアパートらしき建物。

驚いたことにそれぞれが個人の一軒家とのこと。

中にはエレベータ付の家屋もあるのだという。


2009052508

↑これは杭州に着いて最初に立ち寄った所「六和塔」

中身は今から850年前の南宋時代に造られたもので、外観は清末(110年前)に増築されたものだという。

2009052510

中はこんな感じで急で歪な階段が永遠と続いている。

2009052511

2009052509

2009052512

最上階から眺める景色はこんな感じ。

この時は雨が降っていたので良く見えなかったけど、奥に見える大きな川は銭塘江といって、ブラジルのアマゾン川が逆流するポロロッカと同様、干満の差で逆流現象が起こることで有名。


2009052515

2日目は紹興酒の産地として有名な紹興市に行ってきた。

ここは杭州から南へ車で1時間の所。

↑写真は魯迅の故郷としても有名で、生家があるこの一角は昔の町並みを残して観光名所となっている。

2009052516

それから連れられて行ったのが手作り紹興酒の工場。

要はここで見学、試飲をして気に入った酒を買う。

そして売上げの一部が添乗員のポケットに入るというシステムなんだろう。


2009052518

これは紹興市内にある、現存する最古の橋「八字橋」

2009052519

橋の下を流れる用水路。

この川で洗濯を始めとする洗物、便壷(便器)の洗いまでしている。(信じられない。。。)

さらに現代に入ってからは近隣の工業排水も流れているため水質は最悪。

しかしここで生活している人々は比較的貧しい人達。

知ってか知らずか、この川を利用して生活するしかないようだ。

2009052520


当初の予定は3日間でかなりの観光地を巡るわけだったけど、最初に登った六和塔でみんなの足が棒になってしまったので大半をキャンセル。

タイムスケジュール的にはゆっくりな旅行となりました。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
09:43 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めての中国

2009052501

某会の研修旅行で中国に行ってきた。

中国へ行くのは生まれて初めて。

場所は上海の西、浙江省の北部に位置する杭州という町。

日本人にはまだ馴染みの薄い杭州は、市街地は急速に開発が進み、郊外は観光地として水と緑に囲まれた両極端な面を持っている町。


しかし初めての中国、恐るべし中国だった。。。

とにかく食事は全く口に合わない。。。

油っぽいのは分かるけど、全体的に八角(香料)の匂いが強いのでそれだけで箸を伸ばすことが出来ない。。。

魚料理は川魚を使っているので泥臭く、鳩の足なんてものも出てきたり。。。

地元では人気店らしいけど、おれは殆ど食べられなかった。。。

ちなみに海外旅行に行って痩せて帰ってきたのは初めて。


2009052503

泊ったホテルは街中から車で20分ほど外れた「杭州皇冠大酒店(クラウンプラザ 杭州)」

またこのホテルが酷かったぁ。。。

チェックインを済ませてエレベーターで部屋のある11階へ。

途中3階でエレベーターが止まり、扉が開いたそこは。。。

2009052506

え”ーーー!!??

壁は剥がれ落ち、廊下にはゴミとガラが散乱している!?


工事中だった。。。


っていうか普通工事中の階にエレベーターを止まらすかぁ??


先が思いやられつつ2泊3日の中国生活が始まった。。。

2009052522

2009052502

外はこんな感じ。

市の中心部からは離れているも人の多さには驚いた。

それにとにかく建設現場が多い。

どの現場もとりあえず数をこなす事が最優先なのか、安全衛生管理は無いに等しい。

仮設足場の骨組みこそ竹ではなかったけれど、何階上に行っても床の部分は竹を編みこんだ板をポンと置いてあるだけ。

作業員はヘルメットも被らないし、落下防止の安全帯も着けてない。

現場で人が一人死ぬなんて大した事故でもないんだろうな。。。

2009052521

一番驚いたのは、上の写真の矢印の所。

歩道に面した建物の工事らしいが、歩道を普通に人が行き来しているにも関わらず真上での溶接作業!!

これ日本なら事件だろ。。。

2009052504

それに交通ルールもあったもんじゃない。。。

片側3車線の路線を殆どの車が車線どおりに走ってない。

車線変更するにも方向指示器は出さないし、急な割り込みは当たり前。

歩行者より車の方が優先なのかと思うほど我がもの顔で走ってる。

だから昼夜問わず街にはクラクションの音が鳴り響いてる。

とにかく街はクラクションでうるさい。


2009052505

↑は大通りから一歩奥に入った路地の朝。

一人で散歩してると周りから刺すような視線を感じる。。。


ここ杭州は貧富の差がかなり激しい街というのが実感として残った。

と同時に初日ですっかり意気消沈してしまった。。。


とにかく市街地だろうが何処だろうが街が汚い。

晴天だというのに太陽は霞んでいるし、ゴミは散乱していて片付ける様子もない。

人は男女問わず平気でその辺に痰を吐く。

だいいちホテルの食事処でも床に痰を吐いてた奴もいたくらいだ。


いくら都市化が進んでも悪い文化を治さなきゃ良い街なんて出来やしない。


俺はもう中国はいいです。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
17:48 | 旅行 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

第5回ゴルフ交流戦

2009051601

約1年ぶり今回で5回目となる隣町組合青年部とのゴルフ交流戦。

負けた方が打上げの費用を負担するという恐ろしいコンペ。

場所は去年と同じ「関越ゴルフ倶楽部 中山コース

ルールは各チーム全員の成績を平均したスコアで少ない方が勝ち。

過去4回の成績は1勝3敗と負け越しているのでなんとか今回は勝ちたい。


とはいってもスタートから自分のスコアが酷すぎる。。。

月に1度はプレイしているにも関わらず全く成長を見せない俺。。。

足を引っ張るのは俺だったのか。。。

などと頭を抱えながら前半はなんとか51で納まった。


後半は酒の力を借りて気分一新、ちょっと調子が出てきた。

滅多にないバーディなんかも取ったりして。

終わってみれば44、トータル95で自分にしては好成績で終了。


結果、交流戦は去年に引き続き勝利を挙げることができました!!


打上げはルールどおり相手チームの負担。

美味しいお酒を頂くことができました。


まあ、ルールは厳しいものがあるけれど、こういった交流を持つことで両団体の親睦が毎回深まっていることは確か。

驚いたのは、このブログを好意に読んでくれている人がいるということ。

誰に読んでもらいたいとかでこのブログを書いてるわけじゃないから、それを聞かされた時は一瞬恥ずかしかったけれど、俺の記事を読むために大切な時間を割いてくれてるんだと思うとすごく嬉しかった。


これまで年に1度のペースで行ってきた交流戦も今後は年2度開催を約束。

更なる結束を確認し合うことができた、とても気持ちが良い一日だった。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
09:26 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

未来予想図


改めて思うが俺は本当に周りの人たちに恵まれている。

家族、会社をはじめ、友人、先輩社長に、仕事の仲間たち。

家族や会社の理解があって自由に動き回ることができ、友人からは励ましをもらう。

先輩社長からは世の中の実態を学ばせて頂いて、仕事の仲間、とくに同世代の連中とは厳しい将来に挑む闘争心を共有させてもらっている。

とにかく俺は周りの人々に生かされていると言ってもいいだろう。


この間は同業の田中ちゃんの誘いで某ゴルフ場主催のコンペに参加させてもらった。

彼は俺の1つ下。

歳が近いということもあって月に1度程度は2人で飲みに行ったりしている。

彼は俺とは正反対の性格を持ち、同業とはいっても俺とは全く違う次元で動いているビジネスマンだから話をしていて大変勉強になる。

順調にいけば将来の地元で大きな存在感を築くであろう人物だ。


彼はしばしば俺を勉強になる場に誘ってくれる。

講演会や異業種の先輩方との飲み会。

この間のゴルフも俺にとっては単なるゴルフじゃない。

無関係な俺を誘ってくれる有難さは計り知れない。

何度も誘ってもらう内に、その場でまた人脈が繋がっていく。

人と出会う度、初めての会に参加させてもらう毎に自分の視野が広がる。

とくにマナーや気配りなどは場所や席によって違うんだということを学ばせてもらっている。


ただ仲が良いとはいえ俺には疑問もあった。

ゴルフの打上げの時に彼の先輩に俺の疑問を打明けた。

俺:「彼が俺を誘ってくれるのは有難いことですが、俺なんかがお邪魔させてもらって大丈夫なんでしょうか?」

先輩:「田中だって誘うからにはそれなりの人間を選んでいるはず。そういう事だよ。」


有難い言葉だった。

それと同時に緊張感も走る。

逆に俺は誘ってくれた彼の顔に泥を塗るようなマネはできない。

こういった緊張感が自分を成長させてくれる。



こんな俺でも最近では何となくだが自分のやるべき事が次第に見えて来ているように感じている。

それは将来の自分のあり方だ。

少し前までの自分は目先のことばかりに焦ってしまい、いつも行き急いでいた。

しかし最近常に想像しているのは20年後の自分。

短期的な目標も大事だけれど、長期的な自分を想像すること、それがぼんやりにせよ見えてきたことでだいぶ気が楽になってきた。


人間力というのがテーマの講演が人気を呼び全国を飛び回っている実業家、中村文昭氏も言っている。


「人との出会いの積み重ねによって次第に自分のすべき仕事が与えられるようになる。」


出会いを重ねることで接点が線となり、さらに将来大きな輪として繋がる。

その輪が構築された時、俺にしかできない仕事が与えられているような気がする。

これが俺の未来予想図だ。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
11:44 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一人ダムサンデー

2009051001

昨夜は遅かったはずなのに何故か早めの起床。

最近何かと気分が優れないので、今日はダムの日じゃないけど気分転換に一人ダムサンデーに行って来ました。

2009051002

ダムサンデーは通常第1、第3日曜日に開催。

今日は第2日曜日。

見事なくらい誰もいませんでした。。。


ということで、ダムの時は車で埋まってしまう会場を贅沢に使ってS30Zの撮影会。

2009051003

2009051004

道中も国産旧車のツーリング1組とすれ違っただけで、あとはバイクの集団ばかり。

やっぱり草木は第1、第3日曜日っていうのが定着してるんですね。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
11:34 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

連休明け


地元の同業者が自己破産した。

その会社が発足して5年あまりだったか。

そこの社長とは、彼がその会社を立ち上げる以前からの付き合いで、何かとアドバイスを頂いたり、随分と勇気付けられてきた兄貴的な存在だった。

時折社長からランチに誘われると、社長はいつも経営に関する話を熱く語ってくれた。

そして俺はその話に刺激を受けて「おれも頑張ろう。」と勇気付けられ大変有難かった。

前にもブログで書いたことがあるけど、とにかくその社長は熱血だった。

自分の経営方針を貫こうとするその姿勢は、その手法が良いか悪いかは別として自分にとっても刺激になっていた。


しかしここ最近の社長は元気がなかった。

というか先日最後にランチをした時に社長が話す内容、寂しいが俺には全て言い訳にしか聞こえなかった。

社長が話す経営方針の転換に関する持論が俺には痛々しかった。


そしてゴールデンウィーク直前。

これまで社長がまめに更新していたブログの突然の閉鎖を期に、社長および会社の様子が一気に闇に包まれた。

その会社で働いていた社長の甥(俺の高校の同級生)に電話をかけても何となく様子がおかしい。

そして連休明けの今日。


「あの会社が自己破産したらしい。」


会社を訪れても、自宅を訪れても誰もいない。

そこには弁護士からの自己破産に関する説明文が一枚張ってあるだけ。

おそらく前から準備を進めてきて、今回の連休をタイミングにして一気に整理したんだろう。


俺は社長の会社が倒産したことを悪く言うつもりはない。

俺も被害を受けていれば話は別だろうけど、社長がこれまで命懸けで頑張ってきたということは俺も分かっているつもりだし、それに今の時代1つ間違えば明日は我が身だ。


ただ、社長が昔から熱く語ってきた事の結末がこれなのかと思うと、俺は虚しさを隠さずにはいられない。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

18:33 | 仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガレージ計画(業者決定)

2009041101

↑このスペースにガレージを作るための業者を決定した。

これまでタイプの違う見積りを2業者へ依頼。


1つはネットで調べたトステム製カーポート3m×5m(2本柱式、屋根はポリカーボネート製) 

15万円(工事費含む)

工事費込みでこの値段は相当安いけど、これにサイドパネルを追加すると22万円になってしまうことが判明。


もう1つは知合いのガレージ専門業者でのオーダーメイド

30万円 (無理を言ってこの価格に合わせてもらった。)

値段はカーポートよりは高いけど、4本柱で屋根も丈夫な鋼板製。

更に雨、風を防げるようにサイドパネルや水切りも付けてくれる。


質より安さを採るか、高くても質を採るか。。。



悩んだ結果、知合いの業者に決定。

イメージは↓の通り。

2009050601
平面図

2009050607
前面図

2009050604
横面図

あくまでもカーポートだけど、母屋の外壁と既存のブロック塀、更にサイドパネルの設置によって雨、風は防げるはず。

予定より遅れているけれど、連休明けにさっそく発注。

5月中の完成を目指します。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

12:06 | ガレージ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鉄道博物館


本当なら5月4日から6日まで、大阪の祖母に会いに行く予定だったんだけど、前日になって向こうでお世話になるはずだった身内の都合で延期になってしまった。

2009050505

ということで、以前から気になっていた鉄道博物館(さいたま市)に行ってきた。
(べつに鉄道ファンというわけでもないけど。)


2009050506

場内はゴールデンウィークということで来場客でいっぱい。

2009050508

それにしても年代モノの列車が所狭しと展示してあって鉄道素人の俺でも楽しい。

2009050507


中でも今回見たかったのがジオラマ模型。

2009050504

ローカル線から新幹線までを網羅した巨大ジオラマ。

しかも朝昼晩と照明による演出もされているからNゲージファンなら涙モノなんだろうな。

2009050503
2009050502
2009050501


それと個人的に感動したのが2008年11月をもって営業運転を終了した0系新幹線

2009050509

俺にとってはこれがTHE新幹線

日本高度経済成長の象徴。

個人的にもガキの頃から大阪の祖母の家に行く度に乗っていた新幹線。

いろんな列車があるけど、おれはこの0系新幹線が好きかな。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

10:39 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

5月度ダムサンデー

2009050308

5月度ダムサンデー

今回のダムは地元先輩方のトミーカイラZZ新型フィアット500アバルト、それとマイS30Zの3台での参加。

それにしてもこの3台の共通点の無さはある意味分かりやすくて良いかもしれない。

2009050306

現地にはいつもより遅めの9時半過ぎの到着。

すでに会場は凄い車たちで埋まってました。


会場に着いて真っ先に声を掛けられたのが一緒に行ったアバルト。

会場には昔のアバルトも来ていたので、是非並べて欲しいとのこと。


2009050302

周りから漏れる声 : 「こんなに大きさ違うんだぁ~。」

2009050303

うしろはこんな感じ。

新型フィアット500は最近流行っている復刻版の中ではかなり良い感じに復刻した感じを受けていたけど、さすがに大きさだけは段違いだった。


2009050304

2009050305

他には先週納車されたばかりというポルシェGT2GT3が並んでたり。


2009050309

それと一緒に行ったトミーカイラZZ

2009050310

内装はとてもシンプル。

車重700kgで日産製エンジンSR20DE改(185馬力)を積む超コーナーリングマシン。

2009050311

地元に帰ってから運転させてもらったけど、ほとんどレーシングカーでした。


2009050312

それとアバルトも試乗。

やっぱりアバルト。

普通のフィアット500に比べてかなりスパルタンな作りになっていてすごく良いです。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

09:53 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

連休の赤城山

2009050201

連休初日の朝、S30Zで赤城山まで一人ドライブ。

朝だからなのか、それとも高速道路に絡んでないからなのか、ゴールデンウィークにしては道も大沼周辺も空いてました。

2009050202


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

13:11 | フェアレディZ(S30Z) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。