スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

頑張った証


今日で平成20年度が終わる。

会社の決算は10月だけど、多少なりとも公共事業に携わっていると4月-3月というスパンで事業展開せざるを得ない。

そんな中、昨日、我社が参加している地元公共事業における来年度の格付けが発表になった。

参加しているのは主に管工事と水道施設工事。

その2種類の中でも水道施設工事(水道本管布設工事)の参加頻度が高い。


平成21年度は水道施設工事でAクラスに昇格復帰することができた。

数年前の経営不振が響いて2年前からBクラスに降格していたが、ここへ来てなんとかAクラスに滑り込むことができた。

4年前から公共事業の受注が激減し、会社として路頭に迷った時期があった。

それまで売上げの8割を占めていた公共事業が2割程度まで下がったからだ。

「これからは公共事業に頼らない営業展開をしなければならない。」

世間的には当たり前のことかもしれないが、なかなかこれが難しい。


今までと違った営業展開を打ち出すも、熟年の社員や役員からは快く思われなかった。

仕方がないといえば仕方がない。

これまでやって来たことを変えるのは年齢が進むに連れて難儀になるからだ。

だからといって今後は公共事業に頼っていたら駄目だ。

というより公共事業が獲れないんだから変えるしかない。


今となっては経済が落ち込む前にこの経験をしておいて良かった。

実感は湧かなかったけど、今思えば当時はある意味バブルだったのかもしれない。

儲けは薄いが民間の仕事が途切れることはなかった。

今頃公共事業が取れないからといって民間にシフトしようと思っても仕事がないんだから。


ここ数年間は周りの方々に大変お世話になりながら、ヒヤヒヤしながらもどうにか赤字を出さずにやって来れた。

そして今回のAクラス復帰。

正直言って、今の時代に一度降格をしてしまうと、昇格復帰することは本当に難しい。


審査の基準となるのは1月1日付けの経営事項審査結果。

それを基に発注機関が独自の評価をもって格付けを行う。


1月1日付となると、我社の場合10月決算なので最新の経営事項審査結果(平成20年度)が適用されず、平成19年度のものとなってしまう。

平成19年度という年は我社にとって試行錯誤の年だった。(今もそうだけど)

がむしゃらにやってみて決算時に黒字か?赤字か?みたいな。

そんな平成19年度の評価が今回の昇格に繋がったということで、あの年に採った選択が間違いではなかったという証になった。

さらに平成20年度は牛歩並みではあるが確実に改善されてきている。


そして平成21年度。

Aクラスになったからといって公共事業の受注額が上がるかどうかは分からないけれど、何れにしても先行きの分からない経済の中において自社のステップアップを目で見ることができたことは自信にも繋がる。


Aクラス昇格は、社員みんなが頑張ってくれた証。

これから先、不景気が長引くなんてことは分かっているんだから、そんな事を言い訳にはしたくない。

俺ももっと頑張って良い仕事を獲って来なければ!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
スポンサーサイト
13:58 | 仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ロイヤルオークカントリー倶楽部

2009032801


久しぶりのゴルフ。

ある程度仕事も落ち着いたということで、この日は同業の社長方とプライベートゴルフ。

コースは、ロイヤルオークカントリー倶楽部の東、南コース。


この日の天気予報は晴れ。

最高気温13℃とのこと。

自宅での朝7時の気温が3℃と冷え込んではいたけど、陽が昇れば暖かくなると思い、服装は若干温かめ程度の格好を選んだ。


がっ!!

9時に現地に着いた時の気温、2℃!!

(下がってるじゃねえかぁ!?)

今回、ゴルフ場の位置を知らないで来たので、状況を理解した時には遅かった。。。

ここは榛名山の麓、ではなく中腹より上。

正面には榛名富士が間近に見え、遠くの方には妙義山が同じ目線の高さに見える!

2009032802


更にこの日吹いている風は北西、万座方面の雪山から来る冷たく刺さるような風。


寒いワケだわ。。。


フロントでカイロを買い、痛めてる腰を温めながら頑張ってきました。

ただスコアは割と良くて、東コースが47、南コースが50、トータル97。
(自分にしては上出来。)


全体的にはロングは短め、ショートが長めといった設定で、OBを出さなければそれなりの結果を出せそうな、そんなコースでした。

土曜日で食事付き¥10,000というのも良かったです。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
17:43 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大阪一人旅’95 第三章


群馬~大阪間、地図無し&下道の旅。

大阪一人旅’95 第一章
大阪一人旅’95 第二章


まさか4月直前に近畿地方にも雪が降るなんて思ってもいなかった。。。
(その時俺がいたのは、たぶん天理の峠。)

真っ白に積もった、というより半分アイスバーン状態の峠道をなんとか下ることに成功。

一路大阪は祖母がいる東大阪市を目指す。

その後は順調に進み、東大阪には朝8時前には着いてしまった。

そのまま祖母の家に向かっても良かったんだけど、その前に行ってみたい所があったので、東大阪はそのまま通過して更に西を目指した。

その行きたい所とは、、、


1995年という年は、3月に地下鉄サリン事件が世界中を震撼させたが、その事件より前の1月17日、もっと悲しい出来事があった。


阪神淡路大震災


震災2ヶ月後の神戸を自分の目で確かめたかった。


地図がないので神戸方面という標識を頼りに淀川を渡り、豊中、伊丹を通って宝塚まで行くことができた。

しかし震災後2ヶ月が経ったとはいえ、それ以上先へは一般車の通行が規制されていて進むことが出来なかった。

普通に通行が許されていた宝塚市であっても、見渡せば壁が崩れ落ちた建物が目に付く。

神戸に比べて被害が小さかったとはいえ、街並が崩れている光景を目の当たりにした時のあの衝撃は今でも忘れない。


その後俺は東大阪へ戻り、祖母の家の戸を叩いた。

祖母との数年ぶりの再会に喜びはするも、話はやはり1月の大震災のことだった。

祖母の家は、俺の親父が小学生の頃から住んでいる木造2階建ての古い長屋。

大阪は被害が少ないと言われていたが、祖母の家は既に応急的な補修はされていたものの、部屋のあちこちに傾いた形跡が残っていた。

祖母は震災当時を振り返って、「心臓が止まるかと思った。」と話した。


話が落ち着いて、祖母が俺に尋ねた。

祖母:「ところであんた、ここまで何で来たん?」

俺:「う~ん、車。」
(祖母が心配するから、俺が車で行くとは話していなかった。)

祖母:「なんでやねん!新幹線で来たらええがなぁ!」


数日後、俺もさすがに帰りは高速道路で群馬まで帰った。


そして帰宅後に大阪の祖母から電話で言われたこと、、、


祖母:「事故起さんか心配で心臓止まるところやったわ。。。」




その後も数年度に祖母の家を訪れているが、小さくはあるけれど家の補修跡を見る度に震災の恐さを再認識させられている。


ちなみにその祖母の家も、去年暮れに祖母が倒れたのをきっかけに離れることとなった。

3人の息子を育て上げた思い出の家。

祖父が亡くなって30年が経つも、自ら一人暮らしを好んで生活してきた愛着の家。

借家だったけど、大家さんの計らいで家賃も昔からほとんど上がっていなかったという。

東大阪の今となってはマンションが建ち並ぶ一角にひっそりと建ち誇る昔ながらの長屋が俺は結構好きだった。


次はゴールデンウィークまでには大阪に行きたいとは思っているけれど、あの家に帰れないのが寂しいかぎりだ。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
14:02 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大阪一人旅’95 第二章


安易な気持ちで出掛けた群馬~大阪間、地図無し&下道の旅。

大阪一人旅’95 第一章

雪の富士山北側ルートを必死の想いで下りて来て、ホッとするも束の間。

夜9時を過ぎているというのに俺がいるのはまだ静岡。

ようやく乗れた国道1号線は夜道を急ぐ運送業のトラックがほとんどを占めていた。

しかも相も変わらず雨は酷く降っているというのに、彼らは高速道路並みに飛ばしている。

俺の小さな車はそれらトラックに三方(前後横)を囲まれた状態で逃げ場はなく、轍に溜まった水のせいでカーブ進入時にハンドルを切っても車は真っ直ぐ走ってる!?


1日に2度も死ぬ思いを経験したおかげで体はグッタリ。

それでも見えてくる標識の文字は、「名古屋まで150km」。

先は長い。。。


浜松に入った頃には雨も上がり、国道を走る車の台数もかなり少なくなっていた。
(時刻は覚えていない。)

とにかく淡々と車を走らせること数時間。

無意識の内に名古屋も過ぎ、その道で良いのか悪いのかも判らぬまま国道1号線から国道25号線(名阪国道)へ。

なんとか大阪の手前、奈良県まで来れた。

けど体力も限界。

どうせこの先順調に進んだとしても大阪には夜明け前には着いてしまう。

なのでここは無理をしないで途中にあるドライブインの駐車場で仮眠をとることに。
(たぶん午前4時ごろだったと思う)


車の中で毛布に包まること3時間。

目覚めてみると車のガラスは曇って真っ白。

手でその曇りを拭ってみると、、、


曇りが取れない???



恐る恐る窓を開けてみると、そこはまた白銀の世界だった。。。



つづく。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
11:45 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大阪一人旅’95 第一章

2009032701


もうすぐ4月だというのに朝から雪が。。。

この地域では珍しく、一瞬ではあったけれど結構な勢いで降った。



この時期の雪で思い出すのが、おれが大学を卒業した今から14年前の3月23日。

卒業記念を兼ねて、群馬の自宅から大阪の祖母の家までを一人車で地図と高速道路を使わずに出掛けたことがあった。


その日は朝からまとまった雨が降っていた。

行く途中、妹を八王子のアパートまで送って、そこからは一人。

とりあえず西へ向かえば着くだろうという単純な考えで、とにかく西へ車を走らせた。。。


雨は降り続いたが、俺はとにかく道なりに走った。。。


気のせいか若干上り気味の道のり。。。


そのうち雨から雪へ。。。


俺 : 「まさかこの時期に雪は積もらないだろう。。。」


30分後。。。


俺 : 「積もった!!!」


タイヤはノーマル、チェーンも持ってない。。。

いったい俺は何処にいるんだろう???


そして道路標識を見て愕然!

そこに書いてあった地名は、「上九一色村!!!」

1995年3月20日の地下鉄サリン事件をきっかけに一気に有名になったあの村だ!


教団施設「サティアン」に強制捜査が入った翌日、俺はそこにいた。


よく見渡せば周りには警察車両が何台も走っていた。



、、、そんなことはどうでもいい!

山梨は分かったけど、だいたい俺は日本のどの辺にいるんだぁ!?


最寄のコンビニに寄って地図を確認してみた。。。


ガーーーン!!!

富士山の真北じゃ~ん!!!


本当なら、その内国道1号線に出て、そこを走り続ければ大阪に着くはずだったのに~


すでに辺りは暗くなり、道路の積雪も増してきた。。。

危険を避けてその日はそこで一泊したとしても、翌日に車が走れるという保証はない。。。

かといって後戻りしても雪道が続く。。。



結局、俺には先へ進むことしか選択の余地が無かった。。。

こんな車で。。。↓

20090327CRX

当時の愛車、CR-X 1.5x
(これにタコ足、マフラー、足回りを変えてサーキットを走ってた。)

こんな軽い車+ノーマルタイヤで雪の坂道を下るのは相当な技量が必要。

しかも富士山の裾野はとっても長い!!


まあ、とにかく道なり山を下れば、富士山の西側を突っ切って海(1号線)に出れる。

「男は前進するのみ!」みたいなことを自分に言い聞かて気合を入れた。


とはいっても道路はタイヤ痕が全くない真っ白な路面に、街灯一つない真っ暗な一本道。

頼りは自分のヘッドライトのみ。

途中目に入るのは「ここは青木ヶ原樹海です」みたいな看板ばかり。

そして涙がちょちょ切れる。。。


不屈の精神で前進すること数時間(はっきり覚えてない)。

やがて雪は雨へと変わり、夜の9時、おれはなんとか国道1号線に辿り着けた。



安堵も束の間、大阪へ行くと言っておきながらまだ半分も来ていないことに気付く。。。


そして休む間もなく俺は進路をしっかりと大阪に向け、気が遠くなるような夜の国道を走り続けたのだった。。。


つづく。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

17:20 | 旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オープン戦「巨人VS西武」

2009032101

前橋の敷島球場にプロ野球オープン戦、「巨人VS西武」を観て来ました。

原監督をはじめ、主力選手がWBCに行ってしまっているとはいえ去年の日本シリーズで戦ったカード。

しかも始球式には北京オリンピックで活躍した、ソフトボールの上野選手。
(おれはこの時、球場の外にいたので見れなかった。。。)

ちなみに西武の渡辺監督が群馬出身なので、ここでのオープン戦が実現したらしいです。

2009032102

オープン戦とはいえ球場は満員。

チケットは発売と同時に売り切れて抽選だったらしいです。

今回は同業の上野さん(野球観戦仲間)の知り合いがチケットが獲れたとのことで、一緒に誘ってもらいました。


ただやっぱりタレント不足だったです。。。

ゲーム後半はほとんど知らない選手ばかり。。。

ゲーム時間も淡々と進んで2時間半ほどで終了。。。

結果は5-2で西武の勝利。


初めて観るオープン戦、当然だけどリーグ戦に比べたら緊張感がなかったです。。。


まあ、でも最近は仕事が忙しかったので、いい息抜きになりました◎


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

22:00 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カメラストラップ

2009031903


GX200の購入に併せて注文していたストラップが届きました。

ちょっと派手かもしれないけど、GXの外見が少しマニアックな分、ストラップで艶やかさを出したいと思い、結果このストラップに辿り着きました。

2009031901

最初、オリンパスE-420のカタログで宮崎あおいさんが付けてるストラップが欲しくて探したところ、どうやらあれは宮崎さんのお手製で市販はされていないということが判明。


それでも諦めきれず、同じようなストラップがないかと探してみると、、、


見付けました!理想のストラップを作ってくれるところ!


工房 絲 (su-)


京都にあるこの店は、幾つかのサンプルをベースに依頼者の要望に沿ってオリジナルのストラップを作ってくれるとても頼もしい工房。

ホームページを覗いてみると、最近女性の間で一眼レフが流行っているのと、やはり宮崎あおいさんの手製ストラップが話題になっているらしく、こういったオシャレなストラップの需要が高くなってるらしい。

2009031905


今回お願いしたストラップは両吊り用のネックストラップ(95cm)

色は、ブラウン×ターコイズブルー×色々をランダムに組合わせたもの。

値段も安くて、3,640円+送料180円(メール便)

工房の説明では、注文から手元に届くまでに約20日ほどかかると書いてあったけど、俺のはたった6日で届きました。(今回はサンプルと同じものだったから早かったみたいです。)

2009031902

これで少しはGXのマニアックさが和らいだ。はず。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

10:13 | 写真機 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マイアパート

2009031601

住み着いてかれこれ4年半になるマイアパート。

買ったばかりのカメラを弄りながら撮ってみた。


機能性よりもデザイン重視のこの部屋。

1階にバス、トイレ、寝室(今はクローゼット状態)。

2階にリビング、ダイニング、それに奥に1部屋(今は物置状態)。

その上に4畳半ほどのロフト(最近はここで寝てる)。

南側にはちょっとした庭(全く利用していないので油断すると草ボーボーになる)。

ちなみに駐車スペース2台分が確保されているのがここを選ぶ決め手だった。

さらにここのアパート自体が5戸しかないので息苦しさもない。


しかしこの部屋はほんとに見た目だけ。

夏は冷房効率が悪いのでメチャクチャ暑いく、冬は暖房効率が悪いのでメチャクチャ寒い。
(北側奥の部屋なんて、冬は巨大な冷蔵庫と化す。)


それでも1人の時は極力冷暖房器具を使ってません。


この部屋に入って身に付いたこと、、、


忍耐 。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
12:45 | 写真機 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

3月度ダムサンデー・クラシック

2009031501

3月度ダムサンデー・クラシック

同時に先日購入したコンデジRICOH GX200を筆下ろして来ました。

しかし説明書をほとんど読んでいないので、今回はオート設定のみの撮影です。

2009031503

2009031506

難しい。。。

同じGX使いのKAZUさんやGR使いのmitsuさんに使い方を教えてもらいながら試行錯誤するも、撮れた写真が良いのか悪いのかも分からない。。。

まあ、今までは携帯電話のカメラだったので、少なくとも今までの写真よりは画質の良い写真が撮れているはず。

ちょっとちゃんと説明書読まなきゃ駄目だな。。。


2009031502


今回のクラシックは名前のとおり良い意味で古臭かったです。

ダムサンデーでは意外と少ないメルセデスやMGが良かったですねぇ。

2009031504

2009031508


そして貴重なはずのディーノは今回も4台参加。

2009031505


今回天気は良かったけどまだ風が冷たかったです。

次回は春本番、暖かく晴れることを祈りつつ、それまでにカメラの基本的な使い方くらいは勉強しておかないと。。。

2009031507


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
09:37 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

RICOH GX200 VF KIT

2009031301

とうとう買ってしまった。

RICOH GX200 VF KIT


1年ほど前からカメラが欲しくて、悩み悩んでこれに辿り着きました。


当初欲しかったのは一眼レフカメラ。

2009031304

とくにオリンパスのE-410にパンケーキレンズを着けたやつがシンプルかつカッコよくて、それが去年の秋にE-420とモデルチェンジ。

絶対買いだと思ってたのにも関わらずなかなか手が出せず。。。

ちなみにフィルム一眼を高校の頃(実は高校では写真部だった)に買って持っているんだけど、一眼レフは旅行の時とかが邪魔くさいので、次第に出番が少なくなったという経緯がある。

冷静になったところで、1年も欲しかった一眼レフを最近諦め、コンデジを探すことに。。。


そして最終的に絞ったのがRICOHの2機種。

2009031306

GRDⅡと今回買ったGX200

実際に2機種を経験された知人から聞いたり、ネットで調べてみると結構この2機種は比較されていて様々なレビューが挙がっていた。

RICOHの中では一応GX200の方が上位機種に位置付けられているようだけど、よりプロ志向なのはGRDらしい。

簡単な比較は下記のとおり。

GX200:手振防止機能と光学3倍ズームが付いてるけど画質はGRDⅡよりは劣る。

GRDⅡ:画質は最高だけど、手振防止機能とズームは付いてない。


賛否両論ある中、自分なりに散々悩んだ結果、画質は最高でもブレてしまったら良い写真は残せないということで、手振防止機能付きのGX200に決定。

ビビリながらネット通販の注文ボタンをクリックしてしまいました。。。


今回買ったGX200 VF KITVF(ビューファインダー)をセットにしたやつ。
(上に飛び出てるのがそれ)

これはコンデジ特有の背面にある画面を使わずファインダーを覗いて撮る為のモノ。

その内邪魔になって使わなくなるんだろうけど、これを使うことで繊細なアングルを決めることができる。はず。


それとオプションを一つ。

2009031302

GX専用の自動開閉式レンズキャップ

GX使いの間で流行っているこのキャップ。

いちいちキャップを取外す手間が省けるので便利です。

開いた状態はこれ↓
2009031303


あとは手作りのストラップを注文してあるので、それが届けば見た目は満足する予定。

問題は使いこなせるかどうか。。。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


09:52 | 写真機 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カネと人間関係


3月8日で36歳になった。


おれもとうとうアレだな。。。



それはそうと、昨日誕生日は高校の頃からの大親友と東京までドライブがてらランチをして来た。
(ランチといっても結局ラーメンを食べただけで、その後すぐトンボ返り。)

しかし二人にはこの往復数時間のドライブが重要だったりする。


彼は小学校の頃からの同級生で、高校も同じになったことで仲良くなり、それからは親友として現在まで付き合っている。

高校卒業後おれは大学へ進学。

彼はプロミュージシャンへ。

それぞれの進路、性格は正反対だったけど、若い頃はほぼ毎日のように一緒にいた。

さすがに現在はお互い仕事上も含め活動範囲が広がり、時間にも縛られるようになったから会うのは月に一度あるかないか程。

ちなみに彼は現在アメリカを拠点に世界のマーケットで活躍しているデザイナーだ。


だから尚更かもしれないが、ドライブ中の会話というのがとても大事な時間であるということをお互いが認識している。


昨日は大人としての付き合い方(人間関係)について話をした。

特に的を絞ってカネの払うor払わないのやり取りについて。


人間誰でも社会に出ると様々な交流を持つことになる。

食事をしたり、贈り物をしたり、されたり etc

そこには必ずカネの支払いが発生する。


きっちり割り勘にするのか、おごるのかorおごられるのか。

おごられたら、おごり返すのかどうか。

モノを頂いたら、お返しをするのかorしないのか。

比率はどうであれ確実に人間関係にカネは関わってくる。

そしてその払い方によって相手との関係の深さも変わってくるという話をした。


話のきっかけは、共通の知人でその辺の常識がない人間がいるということからだった。

しかも経営者であるにも関わらず。


大人にもなってカネ払いが悪い人間は信頼を得ることはできない。

それは太っ腹でカネをバラ撒くということではなく、

人を喜ばすために快くカネを使えない人間は、少なくとも成功はないだろう。



おれとその親友が会う時の支払い方は適当。

割り勘は一切無し。

適当な中でおごる、おごられるの関係が成り立ってる。

俺らの中でどっちがどれだけ多く支払ってるかどうかなんて、どうでもいいこと。

適当な中で平等が図られていて、信頼関係の元にそのルーズさが出来上がった。



おれ達のやり方が正しいとは思わないけど、カネの使い方は大事だよな。

っていう話でした。




 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

17:39 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

低脳政治家

まったく最近の政治には愛想尽きるところだ。。。


企業からの献金なんてものは政党とわず政治家には付き物なんだろうから、俺からしてみれば、政治家は政治家の仕事をしっかりやってもらえれば別にいいと思ってる。

まあ法律的に悪いことが見付かってしまったのであれば、それは残念でしたということになるけど。



近年の総理大臣への失望感や先日の中川元財務大臣の大失態 etc

一応自民党支持の俺でも、そろそろ政権交代してみたらという気持ちにもなっていた。


そんな時に小沢党首の公設秘書逮捕劇。

笑ったのは鳩山幹事長のコメント。

2009030401

「これは陰謀だ。」


おれは民主党を潰すのは小沢一郎かと思ってたけど、この人だったんですね。


百歩譲って政治的な働き掛けによって査察が動いたとする。

しかし実際に違法性を疑われるような事実があったから逮捕に至ったわけであって、そこで陰謀という言葉を口にした民主党幹事長の低脳ぶりはしっかりと国民の目に焼き付いてしまった。


まあ、ある意味この人もまんまとその陰謀に引っ掛かったということになるのか。。。



灰色の部分があってもいい。

今この国は強烈なリーダーシップを求めてるんだよ!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

07:41 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

3月度ダムサンデー

2009030101



3月度ダムサンデー



2009030103

3月の草木は陽が出ないと寒いです。。。

そのせいか台数も少なめ。

2009030102


それでも今回はスーパーカー御三家の登場でギャラリーの目は釘付けといった感じでした。


2009030110


さらに今回の目玉はこれ↓

2009030104

ジャガーEタイプ シリーズ3 V12

2009030108

ボンネット(カウル?)を開けるとフロント(ナンバープレート)が地面に着いてしまいます。
(この辺のいい加減さが好きです。)

2009030107

さすがV12エンジン。

これだけフロントを長くする意味が理解できます。

2009030106

リヤは横開き。

使い勝手は悪そうですが、そこから覗く車内には英国感がにじみ出ています。

2009030109


2009030105



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

15:53 | ダムサンデー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。