スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

都市対抗野球 予選結果


本日、地元太田市の富士重工業が都市対抗野球第2次予選(北関東)で日立製作所(日立市)に9-1で快勝!

第2次予選全勝で、全国大会が行われる東京ドームへの切符を手にしました!!

富士重工業(太田市)の本戦出場は3年連続21度目。


2008052901


一昨日、富士重工の試合を観てきたこともあるので一応報告まで。

(画像は先日行った巨人vs楽天で撮ったもの)

 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

スポンサーサイト
17:07 | その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

都市対抗野球 第2次予選

20080628


都市対抗野球第2次予選(北関東ブロック)の試合を観て来た。

太田市の富士重工業 VS 鹿嶋市の住友金属鹿島

場所は太田市運動公園野球場。


富士重工業硬式野球部は、地元太田市に本拠地を置く社会人野球チーム。
1953年創部と歴史も古く、都市対抗大会では未だ準優勝が最高成績だけど、全日本選手権大会においては一昨年の2006年と1981年に優勝を果している名門チーム。

いつもお世話になってる岸さんが1981年優勝時のメンバーということもあって、今日急きょ誘われて一緒に行ってきた。


試合はというと、1回表ノーアウトでいきなり3点も取られてしまったので少し不安が過ぎったけど、1回裏のホームランを皮切りに3回裏には逆転。

気が付けば、結果は6-3で無難に勝利。


第2次予選(北関東ブロック)は現在4チームまで絞られ、リーグ戦で争っている。

あと2チームは日立製作所と全足利クラブ。

今日勝った富士重工の成績は2勝0敗。

明日のリーグ戦結果によって、本戦、東京ドームへの切符が手に入る予定。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


16:46 | その他 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「勝ち組」「負け組」

20080623


最近、勝ち組」「負け組という言葉をよく聞くけど、

残念ながらこの言葉が生まれた頃からすると、ここ数年メディアなどによって随分とその意味がねじ曲げられて伝えられて来てしまっている。

ちなみにウィキペディアでその意味を調べてみると、、、(フリー百科事典『Wikipedia』

賛否両論があるものの、

「勝ち組」とは、多額の資産や巨大な名声を手に入れた経営者・実業家など富裕層、あるいはそのような企業や何らかの活動グループ、人生の勝者。

「負け組」とは、低賃金であったり社会的な地位と信用が低い貧困層、エリートコースから外れた労働者など、人生の敗者。

などと書いてある。

さらに、上昇志向の無い人々やニートとことを「待ち組」と呼ぶらしい。


そもそもこれらの言葉はそんな安っぽい意味じゃない。


「勝ち組」というは「人生の目標」という意味であって、実際に成功を収めた人に対して使う言葉ではないし、「負け組」の意味も、年収が300万以下の人や、経営に失敗した人に対して使う言葉でもない。

この間の秋葉原連続通り魔殺人の加藤容疑者もそうだが、最近の若者を中心に「やりたいこと(仕事)がない。」などの理由で職を転々とする人や、フリーター、更にはニートが増えているが、そもそもやりたい仕事をして満足な収入を得ている人なんてほんの一握りに過ぎないだろ。

そこへ来て20代の若者同士が少し挫折したくらいで、しかもネット上で、「お前は負け組だ。」なんて言い合うのはバカげてるし、自分で「どうせ俺は負け組。」と思い込むのもどうかしてる。


賃金が安くても毎日一生懸命働いている人は「負け組」なのか?

不況に喘ぎながらも必死で生き抜こうとしている零細企業の経営者は「負け組」なのか?


そうじゃない。


今を必死に生きている人の先に、「勝ち組」という人生の満足感が待っているのであって、

「自分にあった場所がない。」という理由で現実逃避する人間や、

カネの使い方を知らない人間、

利権に溺れる人間、

さらには、一時のカネや名声を手にして、自分で「俺は勝ち組だ。」と思っている人間、

こういった人種が、将来人生に悔いを残す「負け組」に成りうるということだ。


たしかに国全体、ここへ来て世界中の景気が右肩下がりになっている状況で、これから社会で生きていく若者に対して将来の目標や希望を持たせることは難しいのかもしれない。

しかし若い内から自分を「負け組」と決め付けてしまうのは間違ってる。


それにネットなどメディアの情報を真に受けるのも良くない。


昔、落合信彦の本を読んでいて、「情報」という単語について書いてあった。

情報」という意味の単語は2つある。
informationIntelligence

記事や広告などの一方的な情報(ソース)のことをinformationといって、それらソースを分析、判断して自分の考えに組み込む情報(理解力)のことをIntelligenceという。


理解力(Intelligence)がなく一方的な情報を鵜呑みにしてしまう人間がいるから、「周りがやってるから俺もやる。」といった事件が多くなる。

国が管理しきれない無数の情報が行き交う時代に、自分を殺人鬼に変えないよう守るためには、ある程度の自己責任と理解力が求められる。


しかし、なんでも型にハメたがるこの国の風潮もどうにかならないのだろうか。。。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


16:31 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート完成

20080620


やっと終わった~

レポートを書くなんて何年ぶりだろうか。。。

元々論文を書くこと自体はそんなに苦ではないのだけど、今回に限って期限ギリギリまで先送り状態だった。。。

枚数は25枚でたいした量にはならなかったけど、何より今回は内容に苦悩した。。。

その内容とは、俺が参加している研究会の事業の一環で、実にその会自体の存在意義と今後の運営方法に対する提言がテーマ。

今年で20周年を迎えたこの研究会に向けた提言書を作成するにあたり、この会の歴史など諸々を全く理解していない一番の若輩者が、周りの先輩方の様々な意見、アドバイスを盛り込みつつ、更に自分の意見を載せるということがどれだけ困難なことか理解してもらえるだろうか。。。

まあ書いている内に自分なりの意見もそこそこ入れられたと思うし、結果的に思った以上の出来栄えにも満足してる。

それに終わってから考えてみると、今回すごく勉強させて頂いたと思ってる。


あとはこれを人数分製本して来月の通常総会で発表すれば終了◎


あっ、そういえば次年度もこの担当になったんだっけ。。。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


17:49 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カレー馬鹿。


先日仕事が終わってから友人と東京まで晩飯を食べに出掛けた。

最初はプライムリブで有名な「ロウリーズ」(Lawry’s The Prime Rib Tokyo)にしようかとも話したけど、カレーも捨て難いということになり、毎度行っているスープカレーの店「マジックスパイス」へ行こうと思いきや、残念、その日は休み。

一度カレーという言葉を出したら、もうカレーしか考えられない。

そこで今回はその他の人気スープカレーを試してみることにした。


「スープカレー 心」
2008061701


北海道は札幌に本店を構えるこの店は都心を中心に8店舗を展開する人気店。

今回行ったのは渋谷店。
渋谷区桜丘町、セルリアンタワー西、国道246号線を一歩奥に入ったオシャレな飲食店が並ぶ一画にある。

2008061702


俺が注文したのは、「もち豚とほうれん草のスープカレー」¥980。

たしかに美味しい。

辛さとライスの量も自由に選べてトッピングも豊富に用意されている。

印象は辛さとは別にまろやかさがあって誰でも食べ易い味といった感じ。

人気があるのもうなずけた。

ちなみに店の一番人気はチキンだそうです。

スープカレー「心」HP


店を出た俺たちはというと、、、


「もう一件行かない?」

「もう一件行こうか。」


たしかに美味しかったんだけど、なんか物足りなさが残った。

どうしても「マジックスパイス」のカレーと比べてしまう。。。


ということで次もまたスープカレーの店。(ほんとカレー馬鹿。)


SHANTi (シャンティ)原宿店
2008061703


こちらも札幌に本店を構え、原宿と池袋に支店を持つ人気店。

渋谷の「心」を後にした俺たちは、そこから近い原宿店にやってきた。

原宿は明治通りをDEISELの所で一本奥に入った通りをムラサキスポーツ方向へ行った左側の雑居ビル2F。

2008061704


俺が注文したのは、「ハンバーグと野菜のスープカレー」¥1,160。(画像右、ハンバーグが見えてない。。。)

友人が注文したのは、「チキンと野菜のスープカレー」¥990。(画像左)

こちらも辛さとライスの量も自由に選べてトッピングも豊富に用意されている。

こっちのカレーも人気店だけあって美味しい。

印象は全体的に濃いので好き嫌いが分かれそう。

あとハンバーグと野菜のスープカレーの方は少々しょっぱさが残った。

ちなみにこの店の一番人気もチキンだそうです。

この店の看板には「3回食べたらヤミツキになります。」と書いてあったので、興味がある人は3回行ってみて下さい。

SHANTi HP


う~む、やっぱり「マジックスパイス」のスープカレーには敵わないかも。。。

2008061705

MAGICSPICE HP


さすがに立て続けに2食はカロリーの過剰摂取。

帰りにサウナによってから帰宅。


それにしても俺は本当にカレー馬鹿。

この前日にもカレーライスを2杯食べたというのに。。。

関西で放送されている「探偵ナイトスクープ」という番組で昔、10種類のレトルトカレーを目隠しをして試食し、それら品名を全て当てるほどカレーが好きだという、「カレーの王様」を名乗る男と、「カレーの殿様」を名乗る男の2人が出ていたけど、たぶん俺は彼らに次ぐんじゃないかな。。。



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


10:39 | グルメ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

たぬき会ゴルフコンペ


通称「たぬき会」のゴルフコンペに誘って頂き、昨日参加してきた。

この会は、前橋、高崎の主だった会社の主に営業担当者が中心となって集まっている非公式な会で、年に数回、ゴルフと通して交流を深めたり、日頃の息抜きを目的としてコンペを開いているらしい。

今回の参加は全4組、14名。
その中でどういう訳か俺1人が他地区からの参加だったということで少し戸惑いもあったけど、せっかくの誘いを断る理由もなく喜んで参加してきた。


会場となったのは中之条町にある「美野原カントリークラブ くすの木コース」

このコースは全体的に距離の短いコースなので飛距離に自信がある人はロングで2オン、ミドルでも1オンを十分狙えるコースもあるが、その反面山岳に面したコースなのでかなりタイトな印象で、フェアウェイをキープするのが難しかった。


今年になってまだ一度も100を切ったことがない俺としてはちょっと自信消失気味。
案の定スタート1ホール目からグダグダの4オーバー。

しかし今回の俺は良かった~

その後は徐々に調子が出てきて終わってみればOUT49、IN43、TOTAL92。

まあ前半のOUTは少々苦戦したけど今回自己ベストを記録させて頂きました!

順位も4位とまずまずの成績。(上限なし新ペリア方式)

商品に洗剤をもらって帰って来ました♪


美野原カントリークラブHP


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

16:13 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

逆接待。


過去に1度、仕入先の会社を接待したことがある。

それは去年の今頃、古くから付き合っている商社との旅行で、うちの先代が生前好意にしていた老神温泉に行った時の出来事。

仕入先と2社で旅行をするなんて滅多にあることではないが、2社間の長い取引の歴史において、ある共通した思い入れがあったので実現した。

参加したのは、当社が俺を含めた3名、相手は現在のうちの担当者とその上司を含めた3名、計6名。

当日は、夕方にホテルに到着、部屋は最上階の貴賓室、温泉に入って日頃の疲れをとり、夜は酒を交わしながら有意義な時間を過ごした。


翌朝チェックアウトの支度をしていると彼らが青ざめた顔でやって来た。

「困ります!私どもに支払わせてください!!」


実は俺、チェックイン早々に宿泊にかかる全ての支払いを済ましておいた。


彼らが困るのは当然だった。
今回の旅行は事前に会社に稟議を通して、我々を接待することを目的に来ているわけであって、会社に戻った時に、「逆にお客様から接待を受けちゃいました。。。」なんて報告できるはずがない。


でも済んでしまったことは仕方がない。

数日後、そこの社長自ら豪華な花を持って挨拶にみえて下さった。

その一件がきっかけかは分からないけど、現在その会社からは他のどこよりも安い見積りを毎回提示して頂いている。


だいたい仕入先から接待をされてもうちには何の利益もない。

それより現在のお互いの関係を理解した上で、もっと本質的な部分を深めることが大事だと思っている。


カネを払った方が偉いとか、貸借、需要供給に関係なく、ポイントとなる場所や場面で感動する出来事があるかどうかでその後の関係構築に差が出てくると思う。

そうすれば必然的にお互いに利益が返ってくるはずだ。


「相手を尊敬し、それが自分に返って来る。」

俺はこう生きたい。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

15:38 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

懐かしのあの場所。


昨日は休みで予定も入っていなかったので、ゆっくり寝てようと思いきや、そんな日に限って早く起きてしまった。。。

良く考えてみたら土木施工管理技師試験が来月に迫ってる!(まったく勉強してない。。。)

というわけで日曜日の早朝7時から問題集開いて勉強しました。。。


!?!?!?!?問題の文章すら理解できない。。。


新しい問題に望む度に意欲が薄れてきたものの、どうにかお昼頃まで頑張った。


次第に愚図ついていた天候も回復の兆しが。。。

ちょっと気晴らしにS30Zで近所をドライブすることにした。


といっても近所をドライブするのに適したコースがないのがこの町の欠点。

だからといってあまり遠くまでも行きたくないので、ドライブには適さないけど数年ぶりに太田市の中心にある金山まで行ってきた。

2008060801


金山の標高はたったの240m弱。(一応太田市のシンボルらしい)

頂上付近の駐車場に車を止めて、そこから徒歩で更に山頂にある金山城跡、新田神社まで散歩してきた。

新田神社までは、一般者は徒歩でしか行くことができないが、現在は歩道もハイキングコースとして整備されているので、昔のように足を踏み外して転落するようなことはなくなった。

2008060802


調べてみると、金山城は、室町時代に新田一族の岩松家純によって築かれ(新田義貞築城説もある。)、以後、横瀬氏、北条氏へと代わり、北条氏滅亡後に廃城にはなったけど、山城で難航不落の城として有名だったらしい。
しかも日本100名城(17番)にも選定されていて、関東七名城の一つとして知られている。(地元に住んでいながら全く知らなかった。。。)

そして新田神社は明治8年に金山城本丸跡地に建てられ、そこに新田義貞が祀られているとのこと。

2008060803


ここから眺める風景が昔から好きだったけど、久しぶりに見た風景はずいぶん変ってた。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

19:17 | フェアレディZ(S30Z) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

頂き物。

2008060705


ダムサンデーでお会いするmitsuさんから頂いたマイS30Zの写真。

2008060706


一眼レフのカメラで撮って頂いた写真は、おれのカメラ付き携帯で撮った写真とはまったく比べ物にならないくらい綺麗に写ってます!(UP画像はブログ用に圧縮しているので実際はもっと綺麗。)

しかしあまりにも綺麗に写り過ぎてしまっているため、アルミホイールの汚さも見事に激写されている!?

古いホイールだから頑張ってもなかなか汚れ(というか酸化?)が落ちないんだよね~

2008060704


おれも一応高校の時に買ったフィルム一眼レフを持ってはいるんだけど、今やデジタルの時代だし現像とか面倒臭くて。。。

仕事で使ってるデジカメも壊れて動かないし、手頃なところでNikon D40でも買おうかな~

Nikon D40 HP

2008060703


それにしてもmitsuさん、マイZを撮って頂いて有り難う御座いました!!


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


10:48 | フェアレディZ(S30Z) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

高度経済成長の陰

2008060601


経済が急成長する国は必ず見えない部分で手抜きをする。

高度経済成長の勢いに乗って早く世界に認められたい。
先進諸国の仲間に入りたい。
世界でトップになりたいという欲望が先走るが故に足元にカネを掛けることを忘れてしまう。

19世紀の初めのイギリスは産業革命をきっかけに工業が発達、その労働者が街に集中して同時に都市化が進んだ。
しかし工業の発展とは裏腹に、大気は工場から排出された煙に汚染され、同時に工業排水によって川も汚染された。
また急速に都市化した街は下水道施設が整備されず衛生環境の悪化を招きスラム化した。


それと同じことが今中国で起こっている。

経済成長を急ぐあまり環境問題や街のインフラ整備に目を向けようとせず、更には、そういったところへ投資をするべきカネを見栄でオリンピックに注いでいる。

結果はどうだろう、汚染された大気や水で農作物が作られ、さらには生産性を上げるため高濃度の農薬まで使っている。
また大気汚染で空は曇り、ヘドロで濁った微生物さえ生息していない川で飲料水を汲み、洗濯をして、便壷(便器)までそこで洗っている町もある。

こんなことになるのは学がない俺でも分かっていたこと。

そこへきて四川大震災の影響で難民達が都市部へ流れ込んでくる可能性が出てきた。
4500万人以上という被災者に対して中国政府の対応策は無いに等しい。

被災地に限らず都市部も含めて治安の悪化は避けられないだろう。

本当にオリンピックなんか開催できるのだろうか。。。

というより本当にやってしまう気なのかと言いたい。


2008060602
↑建設途中の東京タワー

さて日本はというと、俺は今まで、この国は世界の国々の中でも最もバランス良く高度経済成長を成し遂げた国だと思っていた。

1億総中流を合言葉に国民所得の向上だけに限らず、国全土のインフラ整備、日本ブランドの質の高さを世界に知らしめ、一時は経済大国2位という地位まで上り詰めた。

だいいち、たった1億人の人口でこれほど世界にカネをバラ撒ける国は後にも先にも日本だけだろう。
湾岸戦争の時、日本が人的援助に応じない代わりに資金援助を求められ、130億ドルも支払っておきながら参戦諸国から批判を受けたことがあったが、130億ドル(日本円にして1兆3000億円以上)だぞ!!こんな大金を支払える国なんて他にない!

それだけ支払っても国民が一揆を起こさないくらい日本の国民は生活が安定していた。
(実際は不満はあったけど、国民の生活に影響するほどの支出ではないと言いくるめられたと言った方が正しいかも。)


しかしここへ来て日本の将来は厳しい。

景気が良くなるだけでは、これからの日本は国民の負担を抑えることは出来ない。

出生率低下の問題と高齢者福祉の問題、その先には労働者人口の問題。

65歳以上の人口が極端に増え、それに対する労働者人口の比率が極端に落ち込む。

原因は近年の出生率だと一言では片付けられない。
出生率の低下に至った原因が原因だ。

日本はバランス良過ぎる成長を成し遂げた結果、国政、経済が低迷しいる現在になって、それまで莫大に膨れ上がった資産(国民、カネ、外交etc)の運用バランスが崩れつつある。

やはりこれも急成長の落とし穴なんだろうか。

世界でも珍しい全国民が平等に暮らせる国が今崩れようとしている。

 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

18:42 | 仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

優柔不断=頑固

2008060401


画像は仕上げる前のマイS30Z。(元の色はマルーンだった。)

去年の5月に車を注文して塗装作業に掛かるまでの約1ヶ月間、ボディカラーを何色にしようか毎日悩みに悩んだ。

元々がマルーンだから、またマルーンにしようか?
でもGノーズならマルーンで決まりだけど、注文したのはショートノーズだし。。。

やっぱショートノーズだから悪魔のZ仕様でダークブルーにしようか???

でも俺レッド好きだし。。。 etc

その内ショップの社長に、「いい加減色決めてくれよ~。」と急かされやっとマルーンかレッドの2色に絞り、今度はフォトショップでベース車の画像をレッドに加工して、暇さえあれば画像を見比べる毎日々が続いた。。。

2008060402


結局、これ以上悩むとノイローゼになるか、Zを買う意欲が無くなる可能性があるので、どっちを選んでも後悔はするものだと自分に言い聞かせてレッドに決定。


実は俺、極度の優柔不断な性格の持ち主。

レストランへ食事に行っても注文する食事が決らないので、自ら店員を呼んでしまって、「お姉さんが注文を聞きに来るまでに決めなきゃ!」というプレッシャーを自分に与え、強制的に自分を追い込まなければ決断できない。
そして結局いつも同じ品を注文する。

何か映画を観ようとレンタルDVDショップへ行ったとしても、ほぼ借りずに帰ってくる。
評判が良い映画を一度は手にしたりもするけど、しばらくすると自信が無くなってまた棚に戻してしまう。。。
そして借りたとしても毎回同じ映画。

なんか俺って与えられた中から選ばされるのが苦手らしい。

そういう場合は本意を無視して、ある意味肉体的に強制して行動に移さないと先に進むことができない。

あと自分の今までの経験からいうと、優柔不断の延長にあるものは「放棄」

たぶん俺の場合、最終的に車色をレッドを選んだのも、毎回同じ物を選んでしまうのも、自分の中の「核」にあるものが揺ぎ無いものになっているからなんだと思う。

そういう意味では、頑固

ちなみに7,8年前から友人に薦められ続けている映画を未だに観ていない。。。
その映画は「バックドラフト」。
いい映画なのは分かってる。
いつも、「今日こそは観よう!」と思いながらレンタルショップまで足を運ぶ。
けど借りないという。。。

自分が分からない。。。

今後もその映画を観ることは出来ないんだろうか。。。


「。。。。。?」


最初はマイS30Zのボディカラーの話しをしようと思ってたのに、いつの間にか俺の性格の話しになってしまった。。。

まあいいか。。。

 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

15:30 | フェアレディZ(S30Z) | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さむ~い夜間撮影。

2008060201


昨日、映画の夜間撮影に参加してきた。

数日前に電話で依頼があり、夜間だしその日は仕事にも影響なかったので参加して来た。
場所は某水処理施設。
撮影時間は深夜0時まで(予定)とのこと。

昨日は夕方から雨の予報になっていたので少々不安はあったけど、
そこは俺、通称「雨降らない男」(雨降りそうだけど降らない。)、
なんとか降らずに済んだ。
(ちなみに俺が撮影を終えた直後から雨が降り出した。結構こういうケースある。)

映画はというと、何でも普通じゃない作品とのこと。(実際、よく内容を聞いてない。)
また作品自体まだ正式発表されていないので、ここで詳しい内容を書き込むのも控えておきます。

今回の役は事件現場に駆けつけた捜査一課の刑事。

2008060202


主な出演者は、成海璃子さんと永山絢斗くん(だっけ?間違ってたらすみません。ちなみに永山くんは瑛太の実弟。)
二人とは一言二言しか言葉を交わさなかったけど、素直に応対してくれて好印象でした。

しかし雨は降らないものの昨夜は寒かった~!
作品はの設定なのに現場は真冬
警官役の人は夏服を着せられていたので可哀相でした。

結局、0時終了予定が1時半まで押して終了。
早く帰って寝たかったけど、冷え切った身体が悲鳴を上げていたので、深夜だけど帰りにラーメン食べてから帰りました。

2008060204


最後に貰ったオリジナルエコバッグ。
ここに今回の映画のヒントが書かれています。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
10:36 | エキストラ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

目指せ太平洋!

2008060104


近所を流れる利根川の土手。

時間がある日は、近所の橋を渡って向こう側の土手沿いを走り、一つ上流の橋でこちら側へ渡って、そして戻ってくる。
1周約20kmの運動には最適なサイクリングコース。
(ただ冬の北風が強い日はまったく前に進めない過酷なコースと化す!)


昨日走っていて気付いたことが。。。

「海から???kmです」という標識。

とりあえず海を目標に走ってみた。

海に着いたら電車で帰って来よ~。


しかしこの標識、なんと500m毎に立ってる!
しかも何ヶ所毎に石で出来た変な物も立ってる。

もしこれが海まで続いてるとしたら、、、

この標識が1ヶ所、想像で約4万円(材工)×167km×2=¥13?360?000!!??
あと変な石が1ヶ所8万円~10万円(材工)ってところだろ?
たぶん向こう岸にも立てられているんだろうし。。。

これが最上流から立てられているとしたら莫大なことになってるじゃねえか!!!

こんなの500m毎に必要か???

たしかこういう標識は高速道路や国道にもあったような。。。

だから公共事業はムダが多いって言われるんだよ!

こんなのにカネを使ってるんだったら、そのカネ、俺らが携わってる公共事業に回してもらいたいぜ、まったく!!
(うちが携わっているのは、市民のライフラインを守る必要不可欠な公共事業です。)

今はこういうムダはないのかもしれないけど、目に見えるモノだから余計に腹立つ。

2008060105


それを考えていたらだんだん腹が立ってきたので海まで行くのを辞めた。

本当は行けたのに残念だ。。。

って、たった1.5kmしか走ってねえじゃねえか!!



 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

09:06 | ルイガノ(LGS-SIX) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

6月度ダムサンデー(第1日曜日)

2008060102


6月度ダムサンデー。

今月からダムサンデーは、月の第1日曜と第3日曜に分かれての開催となりました。

ここ数回の開催で参加台数が大幅に増えたことから、安全面やコンセプトを考慮して、第1日曜が今まで通り(新旧問わず参加可)、第3日曜が旧車を中心とした開催となったようです。

この情報が前もって現地やネットなどで広まっていたためか、今回の参加台数は比較的少なめでした。

2008060103


今回注目の一台。

ABARTH695(アバルト695)

イタリア・アバルト社が手掛けたフィアット500の高性能モデル。

なんちゃってアバルト仕様が多い中、この本物は注目の的でした。

2008060104


驚いたことに、この車、車検の時もリアハッチを開けたままでOKなんだそうです。

ちなみに古い車なのでシートベルトも付いていませんが車検OKです。

そこで気になるのが、シートベルト着用に関する警察の取り締まりですが、調べてみたところ、元からシートベルトが付いていない車に関しては取締りの対象にはならないそうです。(ちょっとビックリ。)

あとガソリンタンクは前のボンネットを開けると現れます。

2008060101


その他はアルファロメオ、スーパー7系、NSXなどが複数台、ガヤルドやフェラーリ599、新型GT-Rなんかも来てました。


 ← ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!


14:37 | フェアレディZ(S30Z) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。