スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ブログ再開


去年末にブログ打切りを表明してから3ヶ月。


その後はFBで自分の考え方を発信しようかと思ったけど、あっちはあっちでいちいち面倒くさいことに気付いた。



「おれは別に他人と討論がしたい訳じゃない。」



ただただ自分の想いや経験を綴りたいだけ。


一方的なブログの方が自分にとっては居心地が良いみたいだ。


ということで平成25年度も明けたことだし、つまらないオナニーブログを再開したいと思います。





今日から新年度がスタート。


月初めの朝礼で俺は社員に対して自分の考えをぶつけてみた。


どちらかというと堅苦しい内容を。


すると俺より年上、とくに50歳以上の社員からは冷ややかな言葉が返ってきた。


「景気がどうだとか俺には分かんねぇけど、とりあえず仕事を一生懸命やるだけ。」


みたいな。


まあそれでも仕事は一生懸命やると言ってくれてるからそれはそれでいいだろう。


世代も考え方もバラバラな集団に自分の思いを理解してもらうということは非常に難しい。


ただ大事なことは、そういった批判的なコメントが発言されたことで、それを聞いた周りの社員がどう捕らえるかだと思う。


批判的なコメントに賛同するのか、それとも俺の意見に少しでも興味を持ってくれるのか。


いろんな考え方の比較対象になるのだから、結果貴重な意見だったということになる。




今振り返ると、俺はここ2年ほどはただ淡々と日々を過ごして来てしまったように感じている。


希望と目標を見失っていたというのが正直なところだ。


去年末にこのブログを止めたのもその現れだったと思う。


でも、ここ数ヶ月でまた新たな出会いにも恵まれ、自分を奮い立たせるような刺激ももらった。


改めて感じているが、俺の周りには尊敬できる凄い人たちが沢山いる。


その恵まれた環境に俺は自分の飛躍という形で応えていかなければならない。



「未来を想像し飛躍のチャンスを絶対に逃さない。」



この言葉を改めて心に刻み、これからの日々をまい進して行きたいと思う。



スポンサーサイト
09:49 | 仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

仕事納め


わが社の2012年が終わった。


今年の感想を一言で表すとしたら、、、



「今年もガッカリ。。。」



去年に引き続きだ。。。

※去年のブログ → http://tski.blog35.fc2.com/blog-entry-526.html



10月の決算の結果を見て思った。



「あっ、もう限界なんだな。」



ここ数年は不景気と言われながらもフル回転で営業してきた。


無駄だって省いて、もう身まで削って尽くしてるのに全く儲からないという。。。


今まで俺は不景気を理由にすることだけは避けてきた。


でもダンピングしてまで仕事は取っていないのにも関わらずこの有様じゃ、やっぱり世間の景気の悪さを原因にするしかないな、こりゃ。



とはいえ、1年前に掲げた2012年の目標はどれほど成果があっただろうか。。。


今年の目標、それは「原点回帰」。


特に「人のサイクル」をテーマにスタッフ体制の見直しを図ろうとしたわけだけど、これがまた難しい。。。


年輩者が若手を頭ごなしに抑えてしまう傾向があって、どうしても若手が育ち難い。


なぜこうなるか、それは経験重視でモノを言う年輩者に対してコンプライアンス重視の若手が理解できないというところだ。


無理もないことだけど、なんとかこの辺をきっちりとさせたい。。。


仕事納めの今日、おれは朝礼でみんなの前で本音をぶちまけた。


会社の現状と今後のあり方、そして自分の願い。



その願いが通じたのかどうか分からないけれど、今になってやっと今後の体制作りについてみんなの意見が一致したので、来年はもっと真剣にその方向に取り組んで行きたいと思う。



3年ぶりに政権が代わり、今後少しは建設業にも風が吹いて来そうな雰囲気はあるけれど、それが具体化するにはまだ1年や2年かかるだろう。


他に利益率の高い事業にも挑戦したい気持ちもあるけれど、主体の業績が悪い時にそんなことを考えても失敗するだけだ。


とにかく来年は若手メイン、温かく見守りつつも何とか業務体制の一新、飛躍に努めようと思う。




16:53 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

底(そこ)が大事


そういえば、先月久しぶりにデカイ仕事が取れた。


受注金額は約7千万円。


これまでの最高額は2社JVでの受注で1億ちょっと。


単独受注ではたしか4千万台が最高だったと思う。



今回単独受注で7千万という仕事が取れたことは確かにデカイ。



この7千万という数字、うちにとってどれだけデカイものかと言うと。


実に年商の約半分を占める数字だ。


今回この仕事を取るにあたっては、自分としては相当頑張ったつもりだ。


俺がこの会社に入って15,6年、最も完璧に取れた仕事と言ってもいいだろう。



でも何でだろう、、、全く嬉しく感じないのは。。。


少し前にも書いたけど、この通り会社の経営は順調、自分の仕事もしっかり務めてるつもりで、公私共に充実感はあるのに、なぜかテンションが上がらない。。。


鬱ではない。


何かが足りないんだよ。


もっと心の底から沸き立つような、奮い立つような何かが。。。



10:24 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

理念と志


日曜日の朝、某テレビ番組に某メガネメーカーの社長が出ていた。


その会社はメガネ産業に進出してからたったの6年で株式市場に上場を果たしたという凄い会社。


しかし4年前のリーマンショックの煽りを受け売上げは激減、一気に窮地に立たされてしまう。



そんなピンチを乗り切れたのは何だったのか?


番組で社長は、ユニクロの柳井会長から言われた一言で救われたというエピソードを話した。


社長が柳井会長に面談した際にこんな事を聞かれたという。


「あなたの会社の理念、志は何ですか?」


社長は応えられなかったそうだ。


その社長はそれから必死で考え、自分なりの答えを導き出し、そして業績はV字回復を果たしたわけだが、、、



それを観ていて俺は思った。


「へぇ~、理念がなくても上場まで行けるんだぁ~」



ある意味「スゲー!」と思った。


要するに事業が成功したのは、発想と行動とタイミングが世間のニーズに上手くハマったということなんだろう、、、


奇跡的に。



俺は別にその会社を妬むつもりはない。


いろんな著名な経営者やビジネス本等では、「経営理念が大切」みたいな事をよく言われている。


たしかにそうだ。


俺だって理念と志はしっかりと持っている。


理念なしで成功は有り得ないし、このメガネメーカーが果たした一応の成功は奇跡だったんだと思いたい。


じゃなきゃ真剣に考えているつもりの自分がバカみたいだから。



でも、個人を含めた国内全ての経営者に「志はあるか?」と聞いて、果たして応えられる経営者がどれ程いるだろうか?


それを割合にしたら相当寂しい数字になるだろう。



理念や志がなくても企業は生きられる。


というか生きているというのが現実だ。


時に俺はそういう同業を軽蔑したりもする。


「努力もしないで仕事持って行きやがって!」とか(笑)


でもそれが現実、不思議な事でも何でもない。


むしろ理念がない会社にも及ばない自分の会社が情けないということになる。



また愚痴ってるな、俺、、、



それでも俺はこれからも自分の理念と志はしっかりと持って行こうと思う。


成功の位置付けを何処にしようが、理念と志は個人でも企業でもその存在を示すためには必要だ。


それにそれらは社会に反映され、努力次第でまた自分に戻って来るから。


そう教わったから。


俺はそうやって生きてきたから。




12:02 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雨の休日


2012090201


先週はある意味半年分の仕事をこなし心身ともにクタクタ。。。


この疲れを日曜日のツーリングで発散しようと楽しみにしていたのに、この日に限って終日雨。。。


なので昼間からビール飲みながら日が暮れるまで車眺めてました。


まあ、こんな休日もたまには良いかも。



実は最近メンタルの部分が酷い落ち込みようで。。。


会社の経営は順調、自分の仕事もしっかり務めてるつもりで、公私共に充実感はあるのに、なぜかテンションが上がらないという。。。



原因は何か?


昨日一日それを考えていたら気付いた。



それは自分の存在価値だと。



「俺は会社にとってどんな存在なのか?」


「俺はどれほどの価値があるのか?」


「俺はこれだけ会社に尽くしてるのに、こんなもんなのか?」


「俺会社辞めようかな~」



「!?」


なんだ会社の愚痴か。。。



愚痴言える程度ならまだ重症じゃねぇな(笑)



でも、もうちょっと給料上げてくれ~!





09:19 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。